omniture

Neteer AutomotiveがSoftware Engineering組織を強化

Nexteer
2021-05-03 13:55 530

【オーバンヒルズ(米ミシガン州)2021年5月3日PR Newswire=共同通信JBN】

*組織強化は同社のソフトウエアイノベーションを加速する

車両がますますソフトウエア対応、クラウドコネクテッドデバイスになるに伴い、ソフトウエア対応のステアリング機能やその他ソフトウエア中心のモーションコントロールアプリケーションに対する世界のOEMのニーズが幾何級数的に拡大している。このため、Nexteer Automotiveは世界のSoftware Engineering(ソフトウエアエンジニアリング)組織を強化し、世界のOEM顧客ベースの拡大するソフトウエアニーズに応える。

▽ソフトウエアの組織的強化

Nexteerの新たな組織強化は、ミシガン州サギノーにあるGlobal Technical Center、ポーランド・ティヒと中国・蘇州にある各Regional Technical Center、インド・ベンガルールにあるSoftware Centerなど、Nexteerの世界4地点で単一戦略的ソフトウエアチームを創設する。これまで、ソフトウエアエンジニアリング専門家はさまざまなチームが同社全体に分散し、生産ラインと研究開発を通じて個別に報告してきた。

新しく結成されるチームは、同社の最高技術責任者(CTO)に直属する。

中央に集約されるNexteerのソフトウエアチームは、電動パワーステアリング(EPS)システムおよび高度なステリング機能の開発をサポートする。さらに、新しい体制は、クラウドベースのソフトウエアソリューションを含むソフトウエア関連の研究開発プロジェクトもサポートするか、ないしは中央集権化されたシャーシドメインコントローラーに属する。

▽ソフトウエア研究開発コラボレーション

Nexteerの新たなSoftware Engineering体制は、CNXMotionとTactile Mobilityの2つの分野における研究開発コラボレーションと合致する。

Nexteerは、同社とコンチネンタル(Continental)とのジョイントベンチャーであるCNXMotion(https://cnxmotion.com/ )とともにモーションコントロールソリューションを開発している。さらに、Nexteerは、イスラエルの有力な接触バーチャルセンシングおよびデータ企業であるTactile Mobility(https://tactilemobility.com/ )と提携して、リアルタイムの路面検知など高度なステアリング安全機能(https://nexteer.canto.com/b/RBGB7 )も研究している。

▽強化されるソフトウエア組織のメリット

Nexteerは最適化された組織体制に以下を期待している。

*イノベーションから生産までのタイムラインを加速する

*ソフトウエア対応モーションコントロールソリューションの幾何級数的な拡大を活用する

*Nexteerおよび外部パートナー内での世界規模のコラボレーションを強化する

*顧客サービス、OEM技術コンサルテーション、ソフトウエア開発・サポートを強化する

*Nexteerのソフトウエア・バリュープロポジションを最大化する

Nexteer AutomotiveのRobin Milavec上級副社長・取締役・最高技術責任者(CTO)・最高戦略責任者は「Nexteerの新しいSoftware Engineering体制は、当社のソフトウエアチーム間のより緊密な結びつきを生み出すことで、Nexteerのイノベーションから生産までのタイムラインを加速する。この新しい体制によって、われわれは拡大するソフトウエア需要に応え、リードタイムを短縮し、当社のバリュープロポジションを最大化し、新たに生じるソフトウエア製品の機会を活用する」と語った。

Nexteerは、「最新の自動車バリューチェーン」(https://www.rolandberger.com/en/Insights/Publications/Computer-on-Wheels-Part-3.html )で極めて重要な役割を果たし、高度なステアリング機能などを実現する複雑なソフトウエアおよびエレクトロニクスソリューションを提供している。この幾何級数的な拡大と技術破壊によって、より高いレベルのサポートとNexteerの高度なステアリングソリューション全般での集中が求められている。

Milavec氏はさらに「世界中に展開するソフトウエア専門家から成るNexteerのチームは世界の4地点で共同してオペレーショナルエクセレンスを促進し、ワンチームとして一緒に量産のためのソフトウエアの開発、認証、発売に取り組む。当社のSoftware Engineering体制を強化することで、われわれは世界の当社OEM顧客とともに、複雑性が増すソフトウエア機能の品質とコンプライアンスをさらに確保することができる」と語った。

ソフトウエアは現在、車両の高度な安全性および性能に関して重要な役割を果たしている。安全性の観点から見ると、ステアリングソフトウエアはステアリングアシストを確保し、さらに駐車アシスト、車線維持、車線逸脱警報、トラフィックジャムアシストなどの先進運転支援システム(ADAS)を実現するうえで、極めて重要な役割を果たしている。

将来、車載ソフトウエアは自動運転車両の実現に加え、さらなる高度な安全および性能機能で重要な役割を果たすことになる。現在のハードウエア定義車両がソフトウエア定義トランスポーテーションプラットフォームに急激に転換しており、これは極めて重要である。

▽Nexteerについて

直感的運動制御の世界的リーダーであるNexteer Automotive(HK 1316)は、電動・油圧式パワーステアリングシステム、ステアリングコラム、ドライブラインシステム、ならびに先進運転支援システム(ADAS)、自動運転実現技術を「相手先ブランドによる生産企業」(OEM)向けに供給している数十億ドル規模の世界的なステアリング・ドライブライン企業である。同社は27の製造工場、4カ所の技術・ソフトウエアセンター、13の顧客サービスセンターを北米・南米、欧州、アジア、アフリカに戦略的に配置している。同社はBMW、フォード、GM、Stellantis、トヨタ自動車、フォルクスワーゲン、ならびにインドと中国の自動車メーカーを含む世界のあらゆる主要地域の60以上の顧客に納品している。www.nexteer.com

会社のロゴ、幹部の写真、追加のグラフィックスはNexteer Media Center(https://www.nexteer.com/media-center/ )を参照。

ソース:Nexteer

 

ソース: Nexteer
Related Stocks:
HongKong:1316