omniture

ハイセンスのFisher Yu氏:Laser TVは2021年にTriChroma時代に入る

Hisense
2021-01-12 15:08 1157

【青島(中国)2021年1月12日PR Newswire=共同通信JBN】「2021年にレーザーディスプレー産業のリーダーとして、ハイセンス(Hisense)はLaser TVをTriChroma 時代にもたらす」。ハイセンス・ビジュアルテクノロジー(Hisense Visual Technology)のFisher Yu社長は1月11日、バーチャルCES 2021で、ハイセンスが75インチから100インチまでの全ての画面サイズのTriChroma Laser TVを発売し、その明るさ、色域、没入感は大幅に改善されると正式に発表した。これは、ハイセンスが正式にLaser TVをTriChroma時代にもたらすことを意味する。

2021年にレーザーディスプレー産業のリーダーとして、ハイセンスはLaser TVをTriChroma時代にもたらす
2021年にレーザーディスプレー産業のリーダーとして、ハイセンスはLaser TVをTriChroma時代にもたらす

CESは毎年、家電業界の世界的風向計として大きな注目を集めている。CES 2021はエピデミックの影響を受け、史上初のバーチャルイベントを採用している。ハイセンスは1月11日午前7時、2021 Consumer Electronics Show(2021年家電製品ショー)でデビューした。ハイセンスはいつものように、CESの最も重要な部分として最新のレーザーTV製品を発表する。今年も例外ではなく、ハイセンスは75インチから100インチまでの画面サイズのTriChroma Laser TVを正式に発表する。

TriChroma Laser TVの何がそれほど特別なのか?ハイセンス・レーザーディスプレー(Hisense Laser Display)のチーフサイエンティストであるLiu Xianrong博士は記者会見で、TriChroma Laser TV製品が新しいRGBレーザー光源アーキテクチャーを採用していると紹介した。さまざまなカラーレーザーが個別にパッケージ化され、細かく制御されているため、より純粋なカラーパフォーマンスが得られる。高級DLPソリューションは、通常のテレビを超える430ニットの画像の明るさを実現する。

2021年にレーザーディスプレー産業のリーダーとして、ハイセンスはLaser TVをTriChroma時代にもたらす
2021年にレーザーディスプレー産業のリーダーとして、ハイセンスはLaser TVをTriChroma時代にもたらす

Liu Xianrong博士は「当社はデュアルカラーからフルカラーまで、元のRGBカラーを128%改善した。このテレビの最高の色域標準は107%のBT2020に達する可能性がある。極めて高い色純度を備えた3つの原色光源は、驚くべき色彩性能をもたらす。色域カバレッジは、DCI-P3フィルムのカラー標準の最大151%に達する可能性がある。これは、ハイエンドシネマをほぼ50%上回っている」と語った。標準のTriChroma Laser TVによって提供される製品体験が大幅に向上している。

「ハイセンスは、没入型の視聴要求に対する2つの重要な要件を定義した。それは、家族の没入感を満たす必要があるディスプレーデバイスの存在と体験である」。Liu Xianrong博士は、Laser TVが巨大なスクリーンで存在感を生み出すことを紹介している。具体的には、少なくとも75インチのもの、DCI-P3標準のフルカラーカバレッジと350ニットを超える明るさを備えたもの、そして、綿密な観察と目の快適さで体験を生き生きとさせるものである。Laser TVはAIoT時代のテレビ製品として、家族の社交や娯楽への欲求の要件も満たしている。例えば、新しいLaser TVにはオンラインカラオケやフィットネスなどの親密な交流をサポートするAIスマートカメラが搭載されている。

ハイセンスの最初の100インチLaser TVが2014年に発売されて以来、解像度は2Kから4Kに向上した。光源はレーザー蛍光体から2色レーザー、そしてTriChromaレーザーへと進化し、サイズは75インチから100インチへ、そして今では300インチに拡大した!わずか6年間で、これらの製品のアップグレードと進歩が全て達成された。

レーザーディスプレーの可能性はかつてないほど加速しつつある。統計によると、Hisense Laser TVの海外売上高は2020年に前年比288%増加し、米国、メキシコ、オーストラリアなど世界17カ国で大きな業績を上げた。中国では、Hisense Laser TVの3つのモデルが2020年のベストセラーリストのトップ10に入った。同時に、サムスン、ソニー、LGなど世界の大手メーカーの参入により、中国が独占するこの新しいディスプレー技術に新たな活力がもたらされた。China Electronics Chamber of Commerce(中国電子商業会議所)のConsumer Electronics Survey Office(家電調査室)は過去3年間にテレビの消費者を調査し、その結果によると、レーザーTVの推奨率は70%と最も高く、業界平均の54%を大幅に上回った。

Laser TVはわずか5年前にCESで発表された新しいTVカテゴリーとして、市場、消費者、メーカーの立場から見れば、ニッチ市場から大衆市場に移行した。レーザーディスプレー技術はムーアの法則の特徴を示しており、爆発的な市場成長がまさに始まろうとしている。

Fisher Yu氏は、ハイセンスはSonic-Screen Laser TV、1万ルーメン以上の商用Laser TV、大量生産のSelf-Rising Laser TVも発売し、レーザーディスプレー技術を新たなマイルストーンに導くと語った。

ソース:Hisense

ソース: Hisense
Related Links: