omniture

ズームライオンのYu Lekang研究員が中国の国家模範労働者に

Zoomlion
2020-12-21 14:21 371

【北京2020年12月21日PRNewswire=共同通信JBN】建設機械メーカー、ズームライオン(Zoomlion Heavy Industry Science & Technology Co., Ltd. 、中聯重科)(01157.HK)のYu Lekang副ゼネラルマネージャー兼研究員が、北京で開催されたNational Labor Model and Advanced Workers Commendation Meeting(国家労働模範・上級労働者推薦会議)で、中国の最も権威ある被雇用者表彰である国家模範労働者に選ばれた。

5年ごとに選ばれる国家模範労働者の称号は、8億1100万人の中国労働者の最も優れた代表に贈られる。Yu氏はズームライオンでの35年の経歴をささげたタワークレーン・プロジェクトの技術指導者としての役割で表彰された。同氏はズームライオンのタワークレーン技術に革命を起こし、同社は今、世界で最大、最強とみられるクレーンプレートを保有している。

表彰されてYu氏は「最高の職人になる舞台を与えてくれたズームライオンに感謝する。この栄誉はズームライオンの全員のもので、私だけのものではない」と語った。

▽Yu氏の成功のカギは中核技術の獲得

Yu氏は1986年にズームライオンで働き始めた。国際的なメーカーが当時はタワークレーンの建造と技術をしっかり独占していた。彼の当初の課題は中国内の市場を獲得することだった。

彼はこの尽力に役立てるため、巨大タワークレーンの重要技術と用途に専念するチームをすぐに作った。Yu氏とズームライオンは2004年、新たに開発したD5200-240タワークレーンが武漢のParrot Cay Yangtze River Bridge(鸚揚子江橋)の建設に使用されて、大きな成功を収めた。このクレーンの大きなつり上げ能力はこのプロジェクトで7億2000万元(1億1020万米ドル)の節約に役立った。

国内でのタワークレーンの声価を固めると、Yu氏とその研究開発(R&D)チームは国際市場に関心を向けた。TC5610、TC6012、T7020や他のタワークレーン商品の開発の成功でズームライオンのタワークレーンは一流の評価を獲得、間もなく欧州や米国での販売が好調になった。

これらの新しい上級クラスのクレーンに、Yu氏とそのチームが入念に開発したブームタワークレーンIH3350-120がある。このクレーンは驚くべき強力さ、小さなサイズ、省エネルギー、正確な制御で、世界中の超高層ビル建設や各種の重要プロジェクトに不可欠な装備となり、ズームライオンはタワークレーン市場でトップの地位を固めた。

▽前進続けるクレーン技術

クレーンタワー技術の今日の様相は、ズームライオンでYu氏とそのR&D部門が34年前に受け継いだ当時と大きく異なる。彼はその経歴を通じて、タワークレーンに関する2つの国家規格を改定、論文「タワークレーンの安全技術」を発表、さらに18の論文を書き、8件の特許を取得した。Yu氏の精励の結果としてズームライオンは現在、タワークレーン技術の市場を主導し、「追従の革新者」から「主導的革新者」に進化した。

Yu氏は「過去には、プロジェクト建設計画でわが国にある設備機器を何でも使った。今は、われわれはプロジェクトで必要となる多様なタワークレーン設備を開発できる」と述べた。

ソース: Zoomlion

ソース: Zoomlion
Related Links: