omniture

Venture Global Calcasieu Pass、最初の工場製作液化トレインの到着を発表

Venture Global LNG
2020-11-11 17:48 699

【アーリントン(米バージニア州)2020年11月10日PR Newswire =共同通JBN】Venture Global LNG, Incは、ルイジアナ州キャメロン郡にある同社のCalcasieu Pass液化天然ガス(LNG)輸出施設に、最初の液化トレイン2基が無事到着したと発表した。高度に最適化された0.6 MTPA(年間処理能力60万トン)のLNGトレインは、プロジェクトの最終投資決定から15カ月もたたずに工場で完成して納入され、LNG建設プロジェクトの大きなマイルストーンだけでなく、顕著な前進となった。


2つの中規模モジュール液化トレインと複合冷媒圧縮機スキッドは、イタリアのアベンザにあるBaker Hughesの製造施設からルイジアナ州へ、契約納入期日より2カ月以上早く船で運ばれた。各トレインはいつでも設置できる状態で順調に陸揚げされ、キャメロン郡の敷地へ配送されて、1日もたたずに基礎に置かれた。プロジェクトでは同型トレイン18基のうちの第1基と第2基は、Chart社製ブレーズドアルミ熱交換器のコールドボックスにそれぞれ接合される。コールドボックスの8台はすでに据え付けてある。

Mike Sabel執行共同会長兼最高経営責任者(CEO)は「Venture Global LNGはわれわれが切り開いた戦略の遂行継続を誇りに思う。工場で製作したモジュール液化トレインによってわれわれはLNG業界で最速の建設日程を達成し、プロジェクト全体でリスクを激減できる。Calcasieu Pass のトレイン3から18の導入、そしてPlaquemines LNGへの同型トレイン36基の導入の成功を楽しみにしている」と述べた。

Bob Pender執行共同会長は「最初の2基の液化モジュールの完成と導入は、われわれとBaker Hughesの長い関係で受け継がれた一流の遂行と協力関係を実証している。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響や多くの湾岸のハリケーンにもかかわらず、われわれは契約日程より早くトレインの設置を始める。これはLNGインフラ開発の飛躍的前進である」と付け加えた。

▽Venture Global LNGについて

Venture Global LNGは資源豊かな北米の天然ガス田から供給される液化天然ガス(LNG)の長期・低コストの供給事業者である。現在ルイジアナ州で、年産5000万トンの生産設備を建設中ないし開発中で、クリーンで安価なエネルギーを世界へ供給する。詳細はwww.venturegloballng.com を参照。


Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1331504/venture_global_lng_2020_11_01_vg_modules__2.jpg?p=medium600 

Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1331505/venture_global_lng_dji_0009b.jpg?p=medium600  

ソース: Venture Global LNG