omniture

ズームライオンがタワークレーン安全宣言を発表し、安全基準の向上を呼び掛け

Zoomlion
2020-09-28 12:25 714

【雄安新区(中国)2020年9月28日PR Newswire=共同通信JBN】中国の建設機械・重機の有力メーカーであるズームライオン(Zoomlion Heavy Industry Science & Technology Co., Ltd.、中聯重科)は、中国首都北京近くの国家級新区である雄安新区で9月14日に開催された2020 Zoomlion Xiong'an Construction Convention and Tower Crane Safety Summitで、世界初の企業タワークレーン安全宣言を発表し、タワークレーンの安全基準の向上に業界全体の参加を呼び掛けた。

ズームライオンのGuo Xuehong副社長は開幕スピーチで、建設荷役機械業界のリーダーとして、タワークレーン業界の安全で高品質、かつ持続可能な発展を推進することがズームライオンの責務であると指摘した。

タワークレーン安全宣言は、制御安全性、構造安全性、極限環境安全性、クラウド安全性の4つの部門で11の中核となる基準を定めたが、これには欧州の基準を超えるテスト負荷、ワイヤーロープ破壊強度能力、デジタル安全性デバイスコントロールなどが含まれる。

9月14日時点で、ズームライオンの建設荷役機械装置の総出荷は、2019年よりも3カ月早い段階で100億元(14億7000万米ドル)を超えた。これは、ズームライオンが世界のタワークレーン市場で第1位であることに加え、高品質と安全基準への同社の強固なコミットメントも示した。

ズームライオンの副社長で、Zoomlion Construction Hoisting Machinery CompanyのゼネラルマネジャーであるTang Shaofang氏は「ズームライオンは、ズームライオン安全性管理プラットフォームと製品出荷プラットフォームの2つのプラットフォームに加え、タワークレーンおよび建設エレベーター支持基盤と、雄安新区トレーニング基盤の2つの基盤を通じて、雄安新区をあらゆる面でサポートしている。現時点で、雄安新区のさまざまな建設プロジェクトで稼働する80%以上のタワークレーンはズームライオンが供給している」と語った。

Zoomlion Construction Hoisting Machinery Companyの副本部長であるYu Lekang氏は「今回のタワークレーン安全宣言によって、ズームライオンは業界の安全かつ積極的な発展にコミットした。われわれは他社が安全性を重視し、品質および安全性基準の両方を継続的に向上させていくよう促していく」と語った。

▽ズームライオンについて

1992 年に設立されたズームライオン(Zoomlion Heavy Industry Science & Technology Co., Ltd.、中聯重科)(01157.HK)は、エンジニアリング機械、農業機械、金融サービスを統合する高性能機器の製造企業である。同社は現在、10の主要カテゴリーをカバーする56の製品ラインから600以上の最先端製品を販売している。

ソース: Zoomlion
Related Links: