omniture

ファーウェイがファーウェイOptiXstar S892Eキャンパス光ターミナルと新世代のLiquid OTN光伝送プラットフォームを公開

Huawei
2020-09-25 16:42 984

【上海2020年9月25日PR Newswire=共同通信JBN】

*Intelligent OptiX Networkをアップグレードし、業界のデジタルトランスフォーメーションを加速するのが目的

上海で開催されているHUAWEI CONNECT 2020イベントで、ファーウェイ(Huawei、華為技術)は、同社のエンタープライズ向けIntelligent OptiX Networkソリューションの大幅アップグレードした新製品を公開した。新製品には、エンタープライズキャンパスの高速Wi-Fi 6バックホール向けに設計されたインテリジェントな光ターミナルのファーウェイOptiXstar S892Eと、Liquid OTNテクノロジーを搭載した業界初の光伝送プラットフォームのファーウェイOptiXtrans E6600シリーズが含まれる。この革新的な製品は、エンタープライズのデジタルトランスフォーメーション向けのオールオプティカルコネクティビティーを強化する。

ファーウェイ・伝送&アクセス・製品ラインのプレジデントであるRichard Jin氏は「ファイバーは、エネルギー消費が小さく、超高帯域を特徴とし、セキュアで信頼できる。業界間の相互接続やエンタープライズコネクティビティーなどのシナリオで、光ファイバーはインテリジェントなコネクティビティー向けに推奨される伝送メディアであり、これは業界で幅広く認められている。ファーウェイは、業界をリードする光通信テクノロジーをさまざまな業界に提供し、エンタープライズがオールオプティカル・インフラストラクチャーネットワークを構築することを支援してエンタープライズのデジタルトランスフォーメーションを促進することにコミットしている」と語った。

ファーウェイ・伝送&アクセス製品ラインのプレジデントであるRichard Jin氏による基調講演
ファーウェイ・伝送&アクセス製品ラインのプレジデントであるRichard Jin氏による基調講演

ファーウェイIntelligent OptiX Networkソリューションは3つのシナリオに焦点を合わせる:オールオプティカルデータセンター(ファーウェイDC OptiX)、オールオプティカルトランスポート(ファーウェイSingle OptiX)、オールオプティカルキャンパス(ファーウェイCampus OptiX)。このソリューションはリリースされて以来、政府、電力、輸送、金融、製造を含む多くの業界で幅広く使用され、150カ国以上の3800以上のエンタープライズ顧客にサービスを提供してきた。今年、ファーウェイは3つのシナリオ向けにソリューションを徹底的にアップグレードした。オールオプティカルデータセンターで、AIはO&M要員に対する技術的要求を軽減し、ITエンジニアがCTデバイスを管理することを可能にした。オールオプティカルトランスポートで、ファーウェイはすべてのサービスの統合伝送を実現するLiquid OTNを発売し、レイテンシーを30%軽減した。オールオプティカルキャンパスで、ファーウェイはギガビットアクセスを提供する業界最高の高速Wi-Fi 6を特徴とする40G PONテクノロジーを発売した。

今回のイベントで、ファーウェイはグローバルなオールオプティカルキャンパスとオールオプティカルトランスポートのシナリオ向けに2つの新製品を公開した。

1つ目の製品はファーウェイOptiXstar S892Eシリーズで、キャンパスWi-Fi 6バックホール向けに設計されたインテリジェントな光ターミナルである。

Wi-Fi 6はエンタープライズWLAN市場でますます普及しているが、その10 Gbit/s + という高いエアインターフェース率は伝送ネットワークの伝送帯域幅、信頼性、展開効率を圧迫する。ファーウェイOptiXstar S892Eは、40G PONをサポートする業界初の光ターミナルである。これは、高速の保護スイッチングと自動コンフィギュレーションをサポートし、これらの課題に効果的に対処することができる。これは、エンタープライズ、学校、空港、スタジアムを含むキャンパスシナリオにおける高容量Wi-Fi 6バックホール向けに設計され、以下のメリットをもたらす。

高容量:ファーウェイOptiXstar S892Eは、超マイクロアグリゲーションアルゴリズムを活用し、前製品よりも4倍高いアップリンクおよびダウンリンク帯域幅を提供し、キャンパスで輻輳のないインターネットアクセスを実現する。

高可用性:ファーウェイOptiXstar S892Eは2つの10GEオプティカルポートを装備し、相互にバックアップする。インテリジェントなアクティブ・アクティブType Cメカニズムに基づき、主要サービスはリンク障害の際に検知され、リンクは50 ms以内に切り替えられて常時オンのサービスを保証する。

インテリジェントなコンフィギュレーション:サービスはAIベースの自動コンフィギュレーションメカニズムを使用して自動的に提供されるため、プラグアンドプレーの性質を持ったデバイスは100もの光ターミナルを1分以内にコンフィギュア可能で、その結果、展開効率を大幅に向上させる。

2つ目の製品はファーウェイOptiXtrans E6600シリーズで、バーティカル産業向けのインフラストラクチャーとして機能する高速伝送ネットワークを構築するために使用される。

エネルギー、輸送、政府、教育、金融、製造の業界すべてはスマートシティーにとって不可欠である。簡略化されたO&Mに加え、通信ネットワークも情報セキュリティー要件を満たさなければならない。ファーウェイOptiXtrans E6600シリーズ製品はLiquid OTNを内蔵した業界初の光伝送プラットフォームであり、高い信頼性、高密度、インテリジェントなO&M、生産サービスの安全防護、さらに単一ネットワーク上ですべてのサービスの実行を可能にすることを特徴としている。

3つの主要メリットは以下の通り。

高いセキュリティー:Liquid OTNはエンタープライズ生産を効果的に保護し、セキュリティー要件を満たす。さらに、保証されたデバイスレイテンシーは10 ms以下であり、ミッションクリティカルなコントロールシステムには十分な速度である。

高密度:この製品は4種類のレガシーデバイスに相当し、物理的なフットプリントを60%軽減し、ネットワーク管理を簡略化する。

インテリジェントなO&M:ソフトウエア定義ネットワーク(SDN)がサポートされ、iMaster NCEが統合された管理、制御、分析を提供するために使用される。可視化されたネットワークリソース検索と高速サービスプロビジョニングがO&M全体の効率性を30%向上させ、ネットワークヘルス予測機能は90%の精度を誇る。

電力および自動車業界の幹部もこのイベントで、オールオプティカルネットワークのアプリケーションを共有した。ファーウェイIntelligent OptiX Networkはリリースされて以来、150カ国以上の3800の顧客にサービスを提供し、そのデジタルトランスフォーメーションを推進してきた。

HUAWEI CONNECT 2020は、世界のICT業界向けにファーウェイが毎年開催する主要イベントであり、2020年9月23日から26日まで上海で開催されている。HUAWEI CONNECTは、同社の顧客およびパートナーがこれらの変化に対応し、経験を共有し、新しい価値を生み出すために協力するのを支援することを目指すオープンなプラットフォームである。今年のイベントで同社は、業界のデジタル化におけるトレンドと機会を探り、高度なICT技術、製品、ソリューションを展示し、共同イノベーションの成果に関するインサイダーの考察を提供し、デジタルトランスフォーメーションのベストプラクティスを共有する。同社の究極的な目標は、全ての利害関係者に恩恵をもたらし、全ての業界にとっての新しい価値を生み出すオープンで健全なエコシステムを構築することである。

詳細はウェブサイトhttps://www.huawei.com/en/events/huaweiconnect2020/ を参照。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200924/2927895-1?lang=0

ソース: Huawei
Related Links: