omniture

第127回広州交易会が閉幕、オンラインで新たな貿易メカニズムを確立

広州交易会
2020-07-02 20:34 1360

【広州(中国)2020年7月2日PR Newswire=共同通信JBN】10日間の第127回中国輸出入商品交易会(広州交易会)(China Import and Export Fair (Canton Fair))は、実りのある成果を挙げて閉幕し、COVID-19のパンデミックの中で国際貿易の発展ならびに一層の貿易開放の推進を支援した。同イベントは登録されたバイヤーを記録破りとなる217カ国・地域から呼び込んだ。

マルチチャンネル・ニュースリリース:https://www.multivu.com/players/English/8743251-127th-china-import-and-export-fair-canton-fair/ 

広州交易会のスポークスパーソンで中国対外貿易センター次長の徐兵氏は「初のバーチャル広州交易会は、中国および国際的な企業が貿易協力を行うための時間と空間の限界を打ち破り、世界的なサプライチェーンの安定化に大きな貢献をした」と語った。

新たな形態のオンライン展示会を創り出した第127回広州交易会は、デジタル技術を使ってインテリジェントで効率的な貿易交渉メカニズムを確立した。

2万5000以上の出展者は、グラフィックス、ビデオ、3Dを含む多様なディスプレーオプションを活用し、多くの世界デビューやスマート製品のプレゼンテーションと並行して自社商品を展示した。世界各地からのバイヤーは、展示ホールを訪れた後、今後の注文について直ちにセラー(売り手)と話し合いを開始したり、交渉を始めるための予約を入れたりした。

同交易会で立ち上げられたライブストリームのショールームは出展者に対し、ビジネスパートナーとの高度の双方向体験に参加する新たな機会を提供した。出展者はカスタマイズされたライブストリーム・ソリューションを利用し、例えば、仮想現実のショールームを設置したり、工場の自動生産ラインを展示したりして自社の競争力を紹介、強調した。出展者はクライアントのタイムゾーン(時間帯)に基づいてライブストリームのスケジュールを決めるという選択肢を持ち、クライアントが米州、欧州、アジア太平洋、中東あるいはアフリカにいても、この体験の最適化が実現した。

第127回広州交易会はまた、24の販売促進イベント、64の新製品発表イベントを通じ、ウインウインのビジネスチャンスを求めている出展者を支援した。同交易会のハイライトの1つとして、中国の大手電子商取引(eコマース)企業数社が調達説明セミナーを共催し、さらに詳細を提供することでより多くのバイヤーと取引関係を築くのに役立った。

さらに、広州交易会製品デザイン・貿易振興センター(Canton Fair Product Design and Trade Promotion Centre (PDC))は13のテーマ別クラウドセミナーを主催し、33のファッションブランドが最新の製品を紹介する20のクラウドキャットウオークを開催した。

広州交易会は、10月中旬から下旬に第128回交易会を開催することにより、より多様なコネクテッドワールド(つながる世界)を受け入れ、多角的な経済交流と貿易協力の推進を支援する。

ソース:Canton Fair

ソース: 広州交易会