omniture

ZTEがモバイルデバイス担当社長にニ・フェイ氏を指名し、5G商機にリソース統合を強化

ZTE Corporation
2020-06-18 14:45 372

【深セン(中国)2020年6月18日PR Newswire=共同通信JBN】モバイルインターネット向けの通信、エンタープライズ、消費者技術ソリューションの大手国際プロバイダーZTE Corporation(0763.HK / 000063.SZ)は16日、モバイルデバイス担当社長にニ・フェイ(Ni Fei)氏を指名した。ニ氏はZTEのモバイルデバイス事業を全面的に担当すると同時に、Nubia Technology Co., Ltd.の社長も継続して務める。

ニ・フェイ氏
ニ・フェイ氏

ニ・フェイ氏は2001年にZTEに入社し、2004年からZTEの端末製品事業に従事している。2012年にNubiaの設立に参加し、Nubia Smartphonesのゼネラルマネジャーに就任し、2019年5月、同社社長を務めた。

端末製品、国内のオープン市場、海外市場での豊富な経験を持つニ氏は、技術革新に取り組み、中国初の完全なNetcom携帯電話(Nubia Z5)の開発を主導してきた。さらに、業界初のベゼルレススマートフォン(Nubia Z9)と業界初のベゼルレスフルスクリーン製品(Z17S)の設計を主導した。2018年には、ゲーム用携帯電話のニッチ市場に乗り出し、Redmagicを発売した。

端末事業を同社のエンドツーエンド機能の重要な部分と位置付けるZTEは引き続き、技術的な優位性を確固たるものとし、5G、IoT、チップセットなどの関連分野への投資をさらに強化する。

ZTEは、さまざまなサービスシナリオにおけるオペレーター、エンタープライズユーザー、消費者の多岐にわたる要求に応じるために、多様な5G端末デバイスポートフォリオのシリーズ開発に取り組んでいる。完全な5G端末デバイスポートフォリオにより、ZTEはさまざまな業界を活性化させ、そして5Gエンドツーエンドソリューションにおける自社の最先端の機能を実証することに傾注している。

消費者市場を志向するZTEは、携帯電話の国内のオープン市場に焦点を当てることで突破口を見つけ出すために、品質管理戦略を順守し、新しい技術と体験がもたらす市場要求を探求していく。

業界と政府、エンタープライズ市場の観点からすると、ZTEのクラウドプラットフォームは基盤である。CPE、車載端末、モジュールなどの技術主導の分野に集中するZTEは、産業用IoT(I-IoT)、消費者IoT(C-IoT)、車両IoT(V-IoT)向けの統合ソリューションを創出していく。

今後、ニ・フェイ氏はチームをリードして、5GおよびIoTの中長期的な機会を掌握し、グローバルな端末市場の変化と課題に取り組む。

ZTEは、消費者、オペレーター、企業、公共部門の顧客に対する高度通信システム、モバイルデバイス、エンタープライズのテクノロジーソリューションのプロバイダーである。通信および情報技術の分野が集約していく中で、ZTEは卓越性と価値をもたらすため、顧客に統合的なエンドツーエンドのイノベーションを提供することに全力で取り組んでいる。香港と深センの証券取引所(H share stock code: 0763.HK / A share stock code: 000063.SZ)に上場されているZTEは、160以上の国で製品とサービスを販売している。

▽メディア関係問い合わせ先

Margaret Ma
ZTE Corporation
Tel: +86 755 26775189
Email: ma.gaili@zte.com.cn

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200616/2832292-1?lang=0 

画像添付リンク:

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=363128 
(写真説明:ニ・フェイ氏)

ソース: ZTE Corporation
Related Links: