omniture

ZTEがTri-RATダイナミックスペクトルシェアリング向けに業界固有のSuperDSSソリューションをリリース

ZTE Corporation
2020-02-19 11:41 690

【深セン(中国)2020年2月19日PR Newswire=共同通信JBN】モバイルインターネット向けの通信、エンタープライズおよび消費者技術ソリューションの大手国際プロバイダーZTE Corporation(0763.HK / 000063.SZ)は18日、tri-RATダイナミックスペクトルシェアリング向けに業界固有のソリューションであるSuperDSSソリューションをリリースした。レガシーのFDDバンドが5G向けにリファームされているときにmulti-RATスペクトルシェアリングを実現することは、5G時代におけるMagic Radio Proソリューションの大きな技術革新の1歩である。2G/4G/5Gおよび3G/4G/5Gの両方でダイナミックスペクトルシェアリングが可能なSuperDSSは高速5G開発の理想的な方法であり、同時に投資のスペクトルリターンを最大化するために1800MHzまたは2100MHzバンドでレガシーの音声サービス体験を提供する。

ZTEは、同社の有名なMagic Radio Proソリューションの一環として、dual-RATに加え、このtri-RATダイナミックスペクトルシェアリングのソリューションをリリースするため、同社の先端技術とスペクトルシェアリングの分野における豊富な商業展開の経験を活用し、オペレーターに対し、この分野における先導的な技術革新である5G展開のより多くの柔軟性を再度提供している。

ZTEのSuperDSSは、オンデマンドでの2Gまたは3Gによるスペクトルの利用のため、1800MHzまたは2100MHzバンドにおいて、同時に2G/4G/5Gまたは3G/4G/5Gのフルダイナミックシェアリングをサポートするとともに、LTEとNRにできるだけ多くのスペクトルリソースを与えており、これは最適バランスでレガシーの音声サービスと5Gサービスを提供する。例として20MHzバンド幅を挙げれば、少なくとも1つのUMTSキャリアーはUMTSユーザーの音声要件のために確保され、その結果、4G/5G DSSは15MHzバンド幅においてのみ実行され、その一方で、ZTE SuperDSSにより3G、4Gおよび5Gは20MHzバンド幅の全てを共有することができ、UMTSキャリアーのバンド幅はサービス要件に従ってリアルタイムで調整できる。

ZTE Magic Radio Proソリューションは業界で最も包括的なmulti-RATダイナミックスペクトルシェアリングのソリューションであり、5つの無線アクセス技術(GSM、UMTS、LTE、NB-IoTおよびNR)によって最大7つのシナリオにダイナミックスペクトルシェアリングを提供する。ZTEは、この分野におけるイノベーションのリーダーとして、2014年以来、multi-RATダイナミックスペクトルシェアリングでの豊富な経験を蓄積しており、オペレーターがユーザー体験と市場競争力を向上させるのを支援し、オペレーターの投資効率の大きな改善によってレガシー技術のスムーズな段階的廃止と新技術のスムーズな段階的導入を可能にしている。

ZTEは、顧客、オペレーター、企業、公共部門の顧客に対する高度通信システム、モバイル機器、エンタープライズ技術ソリューションのプロバイダーである。通信および情報技術の分野が集約していく中で、ZTEは同社の戦略の一環として、卓越性と価値をもたらすため、顧客に統合的なエンドツーエンドのイノベーションを提供することに全力で取り組んでいる。香港と上海の証券取引所(H share stock code: 0763.HK / A share stock code: 000063.SZ)に上場されているZTEは、160以上の国で製品とサービスを販売している。

▽報道関係問い合わせ先

Margaret Ma
ZTE Corporation
Tel: +86 755 26775189
Email: ma.gaili@zte.com.cn

ソース: ZTE Corporation
Related Links: