omniture
from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_overall_segment_header_shtml
海外向け配信. PR Newswire -世界最大のプレスリリース配信、メディアモニタリングサービスプロバイダ
en_US zh_TW zh_CN id_ID ja ko_KR ms_MY th_TH vi_VN

トリナ・ソーラー Cast-mono(キャストモノ)基板を用いたn型i-TOPCon太陽電池セルで変換効率23.22%の変換効率の新記録を達成

2019-11-26 20:00

【常州(中国)2019年11月26日PR Newswire】太陽光発電およびスマートエネルギーのトータルソリューションを提供する世界有数の企業Trina Solar(以下「トリナ・ソーラー」または同社)は、26日、同社のState Key Laboratory (SKL) of PV Science and Technology (PVST) of Chinaが高効率大面積擬似単結晶n型i-TOPCon(量産型Tunnel Oxide Passivated Contact)太陽電池セルで23.22%の世界新記録を樹立したと発表した。

新記録樹立のn型i-TOPCon両面受光セルは、リンをドープした大面積のCast-mono(キャストモノ)シリコン基板を用いて先進的なi-TOPCon(量産型トンネル酸化膜パッシベーションコンタクト)技術の低コスト工業プロセスによって製造された。この全面積247.79平方センチメートルの両面受光型セルは、23.22%の表面変換効率を達成した。この成果はドイツの独立認定機関ISFH CalTeCによって確認された。

トリナ・ソーラーのState Key Laboratory (SKL) of PV Science and Technologyの所長である馮志強博士(Dr. Zhiqiang Feng)は.「われわれは、SKL PVSTの技術研究チームの最新の成果を発表することができて非常にうれしく思います。われわれが知る限りでは、これは大面積キャストモノシリコン・ソーラーセルの総面積変換効率の世界新記録です。この優れた研究開発の成果は、トリナが新しい差別化された高性能PVモジュールとソリューションを顧客に提供するための強固な基盤を築くものです。」と語った。

https://www.trinasolar.com/sites/default/files/State_key_laboratory.jpg 
写真説明:State Key Laboratory (SKL) of PV Science and Technology (PVST) of China
出典:トリナ・ソーラー

トリナ・ソーラーについて

1997年に設立されたトリナ・ソーラーは、太陽光発電製品の研究開発、製造、販売、および、太陽光発電所の開発、O&M、スマートマイクログリッドとマルチエネルギー補完システムの開発と販売、および、エネルギークラウドプラットフォームの運用という太陽光発電およびスマートエネルギーのトータルソリューションを提供するグローバル企業です。

2018年にはエネルギーのIoT(モノのエネルギーインターネットブランドを立ち上げ、世界のトップ企業や研究機関と共同でトリナエネルギーIoT産業開発同盟と新エネルギーIoT産業イノベーションセンターを発足しました。

当社は、スマートエネルギーのグローバルリーダーになるべく全力を注いでいます。詳細については、www.trinasolar.comをご覧ください。

ソース:Trina Solar Co., Ltd

(日本語リリース:クライアント提供)

関連リンク:
from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_releases_right_column_video_module_shtml

マルチメディア のプレスリリース

from common-pcom:html:key:jp_segment_includes_overall_segment_footer_shtml
検索
  1. 商品・サービス
  2. プレスリリース
  3. モニタリングSMM
  4. メディアサービス
  5. PRコミュニティ
  6. お問い合わせ
×
プレスリリース配信・世界最大手広報通信社-PR Newswire-PRニュースワイヤー