omniture

レーザーテレビだけ際立って優れている秘密:消費者に実用と実益をもたらす

Hisense
2019-09-27 13:54 782

【青島(中国)2019年9月27日PR Newswire】「これは市場の選択です――消費者は常により大きく、より解像度の良く、より健康的なディスプレイが必要なのです」。近頃、青島で行われた第一回グローバルレーザーディスプレイ技術と産業発展フォーラムにおいて、ハイセンスグループ代表取締役周厚健からレーザーテレビは五大優位性が消費者に実用と実益をもたらし、一番期待できる「有望株」であると示した。


周厚健によると、ほかのディスプレイと比べれば、レーザーテレビに五つの優位性があるとわかった。1、レーザーテレビは反射で画像を形成する受動的な発光原理なので、目に優しくて目の健康を守る効果をはっきり持っている。紙媒体の閲読よりも20%良いと中国標準化研究所に認定された。2、レーザーは極めて高いスペクトル純度を持っており、色彩が優良である。最もよい「色の表現」能力を持ち、別のディスプレイ技術が越えられない優位性を持っている。3、レーザーテレビは省エネ、環境にやさしいという巨大な優位性を持っている。レーザーテレビの電力消費量は同じサイズの液晶テレビの1/3ぐらいしかない。4、同じサイズ及び性能指標のもと、レーザーテレビはより安くて、消費者のビッグスクリーンの要望を満たせる。5、消費量が高く、ややもすれば百億クラスの投資をしなければならないLCDまたはOLEDパネルの生産ラインと比べ、レーザーディスプレイの投資が少なく、産業チェーンも比較的に短い。数量上でうまく成長さえすれば、コストと労働力費用が希薄化され、先行きがよりよいのである。


 現在、中国から申請及び権限委託したレーザーディスプレイの特許は7000項目を超え、世界レーザーディスプレイ特許の50%以上を占めている。また、中国はIEC-TC110レーザーディスプレイ作業協会の召集国であり、多項目のIEC国際基準の策定を主導また参加した。レーザーディスプレイ産業の基本的な構造は既に出来上がっていた。


2014年、ハイセンスが世界初の100インチのレーザーテレビを発売して以来、レーザーテレビの解像度は2Kから4Kへ、光源も単色から双色また三色に、サイズは100インチから300インチまた75インチに発展した。長くもない五年間にわたり、既に製品から産業へ、企業から業界へと成長し、大きな市場空間と技術活力を示している。現在、LG、長虹など世界20社以上の整機企業が既にレーザー陣に参入し、テキサスインスツルメンツ、リコー、日亜、DNPなどを含むレーザーディスプレイ上下流産業チェーンの企業が100社を超えている。

(日本語リリース:クライアント提供)

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190926/2593215-1-a?lang=0 
Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190926/2593215-1-b?lang=0 
Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190926/2593215-1-c?lang=0

ソース: Hisense