omniture
海外向け配信. PR Newswire -世界最大のプレスリリース配信、メディアモニタリングサービスプロバイダ

ファーウェイが全車両をデジタル化するOceanConnect IoV Platformを披露

2018-06-13 17:03

【ハノーバー(ドイツ)2018年6月13日PR Newswire=共同通信JBN】ファーウェイ(Huawei、華為技術)はCEBIT 2018で、OceanConnect IoV (Internet of Vehicles) Platform(オーシャンコネクト・インターネット・オブ・ビークル・プラットフォーム)をリリースした。インテリジェント&コネクテッドビークル、自動車メーカー向けサービス変革、インテリジェント輸送の進化を可能にするプラットフォームである。

IoVはICT、自動車業界間の強度の統合を推進するもので、IoV Platformは自動車メーカーのデジタル変革を可能にする中枢ICTインフラである。ファーウェイのOceanConnect IoV Platformは、インテリジェント&コネクテッドビークルの「デジタルエンジン」として、以下4項目のメーカートランスフォーメーションイネーブラーを提供する。

*コネクティビティー・イネーブラー:このプラットフォームは数億の接続と数百万の高度同時接続をサポートし、車両のセキュアで信頼できるコネクティビティーを確保する。さらに、世界的なパブリッククラウド展開により、世界の自動車メーカーは運用条件対応のインテリジェントサービス利用が可能

*データ・イネーブラー:プラットフォームは車両の現況、運転行動など車両ビッグデータを収集・分析し、クラウド上で人々と車両の「デジタルツイン(Digital Twins)」を生み出す。それは運転行動や旅行シナリオの正確な分析に基づくインテリジェントコンテンツの配信・サービス勧告を可能にする

*エコシステム・イネーブラー:OceanConnect IoV Platformはデータとビジネスの分離構造を通じて、自動車メーカーのデジタルアセット制御を支援する。サードパーティーのコンテンツおよびアプリケーションは統合され、自動車メーカーを中心とするエコシステムを構築する

*エボルーション・イネーブラー:IoVプラットフォームはビークル・ツー・エブリシング(Vehicle-to-Everything、V2X)と連携して開発され、それぞれが置かれた環境で交流する。インテリジェントバイクからインテリジェントカー&ロードのコーディネーションまで、このプラットフォームは将来のインテリジェントで安全かつ効率的な輸送システムを可能にする

ファーウェイ・クラウド・コア・ネットワーク・プロダクトラインの馬海旭プレジデント
ファーウェイ・クラウド・コア・ネットワーク・プロダクトラインの馬海旭プレジデント

ファーウェイ・クラウド・コア・ネットワーク・プロダクトラインの馬海旭プレジデントは「インターネット・オブ・ビークル(IoV)はICTと自動車業界の徹底した収束をもたらす。IoVは、コネクテッドビークルとインテリジェントサービスによる自動車業界の迅速なデジタル変革を力づける。ファーウェイは重要な移行期間中、人々と車両、道路、その他のものをつなげる全面的なコネクテッド&インテリジェント世界の構築に尽力する。ファーウェイは世界的な自動車メーカーに望まれる戦略パートナーになることを誇りに思う」と語った。

ファーウェイとGroupe PSAは現時点で世界最大のOEMコネクテッドビークルを生産した。最初のモデル、DS 7 CROSSBACKはファーウェイのOceanConnect IoV Platformで開発、中国と欧州で発売され、消費者に革新的なモビリティーサービスを提供している。ファーウェイはChina FAW Group、Guangzhou Automobile Groupとの戦略的協力、共同イノベーションも開始した。ファーウェイは引き続きコネクテッドビークルとイノベーションに焦点を当て、輸送産業全体のデジタル変革を推進する。

ファーウェイはパートナー、顧客とともに新たなデジタルトランスフォーメーションのソリューションを紹介し、クラシック音楽の古里であるドイツで6月11-15日に開催のCEBITでデジタルシンフォニーを編成する。また、同社はそのすべてが今日のデジタルトランスフォーメーションで重要な役割を果たすクラウドコンピューティング、人工知能(AI)、ビッグデータ、インターネット・オブ・シングス(IoT)、ソフトウエア・ディファインド・ネットワーキング(SDN)についてアクティビティーを主催し、最良事例を共有する。

ファーウェイのブースは、ドイツのHannover Exhibition Centerホール13のArea C01にある。CEBITのファーウェイに関する詳しい情報はhttp://e.huawei.com/topic/cebit2018-en/index.html を参照。また、「Leading New ICT」(新しいICTをリードする)を使用する世界のファーウェイ顧客の事例はhttp://e.huawei.com/topic/leading-new-ict-en/index.html を参照。

ソース:Huawei

関連リンク:
検索
  1. 商品・サービス
  2. プレスリリース
  3. モニタリングSMM
  4. メディアサービス
  5. PRコミュニティ
  6. イベント・トレードショー
×
プレスリリース配信・世界最大手広報通信社-PR Newswire-PRニュースワイヤー