omniture
海外向け配信. PR Newswire -世界最大のプレスリリース配信、メディアモニタリングサービスプロバイダ

中国銀聯が世界の決済業界の発展を支援

2017-12-11 21:51

【上海2017年12月11日PR Newswire】最近は中国の金融技術水準が海外の決済業界の設備更新を促す重要な原動力になっている。セルビアとベラルーシ、タジキスタンの決済スイッチ(自動決済)ネットワークは、UnionPay(銀聯)の基準に従って設置ないし更新されている。アルバニアやブルガリア、タンザニアを含む10カ国強がUnionPay(銀聯)の支援で決済スイッチネットワークを構築したいと表明した。

中国銀聯(China UnionPay)の時文朝総裁は「スムーズな決済と清算は世界中で非ブロック化貿易と通貨流通にとって、不可欠の前提条件であり、基本的な保証要因である」と語る。UnionPay(銀聯)は自社のカード受け入れとカード発行の拡大を通して、国際決済の相互接続の実現を支援し、革新的商品とサービスを奨励し、決済ネットワークと決済基準の協力を実行して、中国とその他世界の間の人的交流に貢献している。

例えば今や「一帯一路」構想沿いの50カ国・地域以上がUnionPay(銀聯)カードを受け入れ、2500万枚を超えるUnionPay(銀聯)カードを発行している。その数は中国が「一帯一路」構想を提唱する前の15倍である。UnionPay(銀聯)カードは現在、この地域の400店以上、40万台のATMで受け入れられ、中国の「一帯一路」提唱前のそれぞれ3倍、2倍になった。こうした国々や地域の一部はUnionPay(銀聯)カードのバリアフリーな受け入れを実現、ないしは近く実現する。

地域の決済ネットワークの相互接続が加速している。

過去数年間UnionPay(銀聯)は、中国本土外市場での決済インフラ構築への参加とICカード基準のライセンス供与によって、技術基準援助の企業協力を強めている。一例としてタイとラオスの銀行カード・スイッチ・システムはUnionPay(銀聯)基準で設計された。7月にUnionPay(銀聯)はBank of Tajikistanと合意し、国内バンクカード・スイッチ・ネットワークの構築に参加する。同じ月にはBelkartと協力してベラルーシの決済システムの更新に合意している。

時文朝総裁は先月、セルビアでのUnionPay(銀聯)カードの全面受け入れと国内発行の推進で合意し、ICカード基準のライセンス供与を実行して、決済制度の革新で協力することで、セルビア中央銀行総裁と協定に調印した。

時文朝総裁は「UnionPay(銀聯)が独自に開発した技術、基準、システム、ルールは世界の決済業界で広く認められてきた。UnionPay(銀聯)はUnionPay(銀聯)事業の現地化を加速する中で、専門知識を分かち合い、他の国がそれぞれの決済ネットワークを改善し、金融サービス能力を高めて、わが提携機関の価値を大幅に高めるように支援していきたい」と述べた。

さらに、多くの市場はUnionPay(銀聯)ICカード基準の採用に積極的だ。タイとミャンマーではUnionPay(銀聯)ICカード基準が決済業界の公式推奨基準に選ばれ、Asian Payment Network(APN)では国境を越えた統一ICカード基準になった。フィリピンのスイッチネットワークのBancNetと、インドネシアのATMスイッチネットワークであるRintisは、IC基準ライセンスによってUnionPay(銀聯)基準のICカードを大規模に発行する。

UnionPay(銀聯)の革新的商品の導入に新たに脚光を浴びている。

UnionPay(銀聯)は中国以外の市場でカード受け入れと発行で飛躍的に成長している。アラブ首長国連邦(UAE)でUnionPay(銀聯)は全面的に受け入れられ、パキスタンのほぼすべてのPOS端末、70%以上のATMでも利用できる。カザフスタンでのUnionPay(銀聯)の受け入れ率は年内に95%になる。UnionPay(銀聯)はモンテネグロやアルバニアでも受け入れられるようになる。

受け入れの展望が広がる一方、中国外でUnionPay(銀聯)カードに好意的な顧客が増えている。モンゴルとミャンマーでUnionPay(銀聯)はカード発行の面でナンバー1の銀行カードブランドである。パキスタンではカード発行では2番目の国際カードブランド。UnionPay(銀聯)カードは東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国のすべてでも発行されている。

UnionPay(銀聯)の革新的な決済サービスは、ますます多くの国で開始され、こうした国々では金融包摂の実現を支援する。ロシアでUnionPay(銀聯)モバイルQuickPassは20万店以上のPOS端末で受け入れられ、タイではUnionPay(銀聯)のQRのコード基準がタイ中央銀行の推奨基準になる。シンガポールの顧客はUnionPay(銀聯)QRコードが国内外の決済に利用できるようになる。

ソース:UnionPay International

マルチメディア のプレスリリース

検索
  1. 商品・サービス
  2. プレスリリース
  3. モニタリングSMM
  4. メディアサービス
  5. PRコミュニティ
  6. イベント・トレードショー
×