omniture

オートメーション・エニウェアとマイクロソフトが協業、エンタープライズ・オートメーションとMicrosoft Azure OpenAI Serviceを統合して不可能を可能にする自動化を実現

Automation Anywhere, Inc.
2024-07-11 12:53 745

東京, 2024年7月11日 /PRNewswire/ -- AIを活用した自動化のリーディングカンパニーであるオートメーション・エニウェア(Automation Anywhere)は、Microsoft Azure OpenAI Serviceをオートメーション・エニウェアの新しいAI + オートメーション・エンタープライズ・システムに統合することで、マイクロソフト(Microsoft)との協業を拡大しました。これにより、企業はAIエージェントを使用してエンタープライズアプリケーション全体の複雑なエンドツーエンドプロセスを自動化することができます。

この発表は、オートメーション・エニウェアのエンタープライズ自動化プラットフォームとAzure AI Document Intelligenceの既存の統合を拡大するものです。新しいAI Studioソリューションを使用することで、顧客はAzure OpenAI ServiceのGenAIモデルを活用して、あらゆる複雑なエンタープライズ自動化ユースケースに対応するAIエージェントを構築することができます。オートメーション・エニウェアはすでに、標準フォームを処理するための独自のドキュメント自動化ソリューションの一環として、Azure AI Document Intelligenceを組み込んでいます。オートメーション・エニウェアのドキュメント自動化の強化により、顧客はAzure OpenAI Serviceを基盤モデルプロバイダーとして使用し、非構造化ドキュメントの処理が可能になります。

「Azure OpenAI Serviceと新しいAI Studioの統合により、これまで想像もできなかったタスクの自動化が可能になります。」とオートメーション・エニウェアの共同創設者兼最高顧客責任者であるRushabh Parmani氏は述べています。「このマイクロソフトとの協業は、AI分野における長年のパートナーシップを基盤としており、共有する顧客に最大の価値を提供することを目指しています。」

「オートメーション・エニウェアの新しいオートメーション + AIエンタープライズ・システムを使用すると、企業のお客様は、顧客サービスの運用、財務、IT、人事などの主要な機能にわたって、大企業向けに安全な方法でMicrosoft Azure OpenAI Serviceと組み合わせたAIを利用したプロセス自動化を迅速に構築およびデプロイできます。」とAzure AIの製品担当副社長であるMarco Casalaina氏は述べています。

これらの新しい統合は第2四半期に利用可能になる予定であり、第3四半期にはAzure OpenAI Serviceのモデルの選択肢が拡大される予定です。 

オートメーション・エニウェアについて 

オートメーション・エニウェアは組織全体でAIを活用したプロセス自動化のリーダー企業です。同社のAutomation Success Platformは、特殊なAI、生成AIを搭載しており、セキュリティとガバナンスを第一に考えた手法によるプロセスディスカバリー、RPA、エンドツーエンドのプロセスオーケストレーション、ドキュメント処理、分析を提供します。オートメーション・エニウェアは、世界中の組織の生産性向上、イノベーションの推進、顧客サービスの向上、ビジネス成長の加速を支援しています。同社はAI自動化を通じて、人間の可能性を解き放ち、仕事の未来を促進するというビジョンに沿って前進しています。詳細はこちら:www.automationanywhere.com

あらゆる場所での自動化の活用:  

オートメーション・エニウェア(Automation Anywhere)は、米国およびその他の国においてAutomation Anywhere, Inc.の登録商標/サービスマークです。記載されているすべての商標は、各所有者に帰属します。  

ロゴ:https://mma.prnasia.com/media2/2383572/4656575/Automation_Anywhere_Logo.jpg?p=medium600

 

ソース: Automation Anywhere, Inc.