omniture

oToBrite、人とくるまのテクノロジー展2024名古屋で最先端のビジョンAI ADAS解決を展示

oToBrite Electronics, Inc.
2024-07-11 12:00 588

新竹、2024年7月11日 /PRNewswire/ -- oToBriteは、7月17日から7月19日まで愛知スカイエキスポのブース259で開催される「人とくるまのテクノロジー展2024名古屋」への参加を発表します。

全方位型ADASソリューション乗用車/商用車/二輪車
全方位型ADASソリューション乗用車/商用車/二輪車

oToBrite は、ビジョン AI の大手専門家であり、経験豊富な自動車 Tier-1 供給者として、世界的なビジョンゼロへ主導権に沿って、最先端のビジョン AI 研究開発を通じて道路の安全に対する取り組みを示し、包括的な ADAS 解決を提供しています。

このイベントで、oToBrite は、革新的なビジョン AI テクノロジーにより、欧州の大型商用車向けの UN R151 および UN R159 認証を取得側方衝突警報装置 (Blind Spot Information System - BSIS) と低速走行時前方衝突警報装置 (Moving Off Information System - MOIS) を紹介します。oToBrite は、大型商用車向けの世界初の一体型 ADAS システムである oToGuard も紹介します。oToGuard は、死角をなくし、脆弱な道路利用者や危険な運転行動に警告を発することで、360 度の保護を提供します。このシステムは、周囲の監視と観察 (Around View Monitoring - AVM)、側方衝突警報装置 (Blind Spot Information System - BSIS)、運転監視システム (Driver Monitoring System - DMS)、前方衝突警告 (Forward Collision Warning - FCW)、車線逸脱警告 (Lane Departure Warning - LDW)、低速走行時前方衝突警報装置 (Moving Off Information System - MOIS)、さらには高度なレベル 2+ ADAS 機能など、複数の ADAS 機能をすべて 1 つのシステムに統合します。このシステムは、厳格な国連規制とビジョンゼロへの取り組みにより、欧州と日本で大きな関心を集めています。この高度に統合された設計により、複数の UN 規制を満たしながら、設置時間、スペース、コストが最小限に抑えられます。

oToBrite の Vision-AI 解決は、新しい可動性と ビジョンゼロ への道を切り開きます。同社の製品はすでに、乗用車、大型商用車、電気バス、二輪車、ラストマイル配送車両など、さまざまな車両向けに量産されています。oToBrite が開発した多用途のビジョン AI 認識アルゴリズムは、すでにさまざまな SoC プラットフォームに採用されており、顧客は既存のハードウェア 装置にさらに多くのビジョン AI ADAS 機能を追加できます。たとえば、自動駐車支援 (Automated Parking Assist - APA)、静的および移動物体検出、ドア開放警告 (Detection, Open Door Alert - ODA)、車線逸脱警告 (Lane Departure Warning - LDW)、後方横断交通警告 (Rear Cross Traffic Alert - RCTA)、その他のビジョン AI 機能を備えた既存の周囲の監視と観察 (Around View Monitoring - AVM) システムの強化などです。

oToBriteは、「人とくるまのテクノロジー展2024名古屋」への参加を通じて、自社の技術力とビジョンゼロへの取り組みを実証することを目指しています。革新的な ADAS 解決とビジョン AI テクノロジーの詳細については、ブース 259 の oToBrite にお立ち寄りください。詳細については、oToBriteのウェブサイトhttps://www.otobrite.com/enをご覧ください。

ソース: oToBrite Electronics, Inc.