omniture

エンフィニティ・グローバル、日本における250MWの太陽光発電ポートフォリオに1億6400万ドルの資金調達を完了

Enfinity Global
2024-07-10 10:00 587

東京, 2024年7月10日 /PRNewswire/ -- 再生可能エネルギー開発事業のリーディングカンパニーであるエンフィニティ・グローバル社は、日本における250MWの太陽光発電ポートフォリオに対して1億6,400万ドル(約262億4,000万円)の資金調達を実施したことを発表した。この資金調達は、マッコーリー・キャピタルおよび新韓アセットマネジメントが率いるシンジケートとの提携で行われたもので、同社は日本でのさらなる成長を目指す。

Enfinity Global Solar Power Plant in Japan
Enfinity Global Solar Power Plant in Japan

このポートフォリオは、稼働中の7つのユーティリティースケールの太陽光発電プロジェクトと建設中の1つのプロジェクトから構成され、企業価値は10億ドルを超える。これらポートフォリオは年間300GWh以上のクリーンエネルギーの生産を見込まれており、これは日本の一般家庭6万世帯に電力を供給し、3万5000トンの二酸化炭素排出を相殺するのに十分な量である。

エンフィニティ・グローバル社のCEOであるカルロス・ドメネク氏は、「マッコーリーおよび新韓とパートナーシップを組み、日本でのプラットフォームを拡大できることを嬉しく思います。日本のエネルギー転換には、高品質の長期性資産に投資し、データセンターなどの新たなエネルギー需要をサポートする世界トップクラスの企業が必要です。」とコメントしています。

マッコーリー・キャピタルの代表者は、「エンフィニティ・グローバル社と提携し、このポートフォリオの資金調達をサポートできることを嬉しく思います。我々の協働は、魅力的な市場における質の高い再生可能エネルギープロジェクトの成長を支援するという我々のコミットメントをより明確に示すものです。」と付け加えた。

マッコーリー・グループの投資部門であるマッコーリー・キャピタルは、世界最大のインフラ投資家であり、全世界でインフラおよび電力資産を運用しています。再生可能エネルギーは、マッコーリーのグローバル投資戦略における最優先事項である。

エンフィニティ・グローバルについて 

エンフィニティ・グローバル社は、その子会社とともに、2019年に設立された米国を拠点とする再生可能エネルギーおよびサステナビリティ・サービスのリーディングカンパニーである。同社は、運用資産、建設中、開発段階を含む、24.1GWの再生可能エネルギー発電・蓄電設備プロジェクトのポートフォリオを所有している。米国、欧州、日本、インドに拠点を持ち、持続可能なネット・ゼロ・カーボン経済への移行に大きく貢献することを目指している。エンフィニティ

マッコーリー・キャピタルについて

マッコーリー.キャピタルは、マッコーリーグループのアドバイザリー、キャピタルマーケッツ、プリンシパル・インベストメントの部門です。マッコーリーキャピタルは、コーポレート・アドバイザリー、エクイティ、債券、プライベート・キャピタル・マーケットからの資金調達サービス、マッコーリーのバランスシートからのプリンシパル・インベストメントなど、あらゆる資本ソリューションを提供しています。マッコーリーキャピタルは、航空宇宙、防衛、政府サービス、消費財、ゲーム・レジャー、重要鉱物、エネルギー、金融機関、ヘルスケア、工業、インフラストラクチャー、メディア、不動産、サービス、ソフトウェア、テクノロジー、通信、メディアの各分野で深い専門知識を有しています。

写真 - https://mma.prnasia.com/media2/2457074/Enfinity_Global_Solar_Power_Plant_Japan.jpg?p=medium600

ソース: Enfinity Global