omniture

ハイセンスが新しいタグライン「単なるブランドではないハイセンス」を発表、主要なブランド戦略を象徴

Hisense
2024-07-08 09:29 1578

中国・青島、2024年7月8日 /PRNewswire/ -- 家電製品および消費者向け電子機器の世界的リーダーであるハイセンスは最近、UEFA EURO 2024™の試合中に重要な新しいブランド戦略を示す新しいブランドタグライン「単なるブランドではないハイセンス」を発表しました。

この新しいキャッチフレーズ「単なるブランドではないハイセンス」は、ハイセンス、ASKO、Gorenjeのブランドとともにピッチに登場しました。この最新のブランド強化は、戦略的なスポーツ・マーケティングへの投資や、特にUEFA EURO 2024™の公式パートナーとしての長期的なサッカー関係の継続に反映されているように、強力なグローバル・プレゼンスの確立に対するハイセンスの揺るぎないコミットメントを強調しています。

Hisense new tagline at UEFA EURO 2024™
Hisense new tagline at UEFA EURO 2024™

実際、ハイセンスのメッセージングは、彼らの世界的な野心とサッカーのスポンサーシップとともに進化しており、FIFAワールドカップ2022™での「Hisense TV #2 GLOBALLY Hisense TV #1 IN CHINA」から、今年のUEFA EURO 2024™での「Never Settle for No. 2 Globally」へと進化し、ディスプレイ技術とスマート家電の包括的なレイアウトを実現しました。Ipsos 2023によると、同社の長期的なスポーツ・スポンサーシップ戦略は、世界的なブランド認知度を54%まで押し上げました。Omdiaによると、ハイセンスの2024年第1四半期の世界テレビ出荷台数シェアは13.6%、世界出荷収益シェアは12.1%でした。ハイセンスは現在、テレビ出荷台数で世界第2位、100インチテレビでは2023年と2024年第1四半期の両方で第1位となっています。

ハイセンスグループはマルチブランド戦略を採用し、東芝テレビ、Kelon、Gorenje、ASKO、VIDAA、SANDEN、REGZA、MORAなどのブランドを持っています。長年にわたる内部育成と外部買収を経て、ハイセンスはマルチブランドのグローバル運営と発展の段階に入り、完全で豊かなブランドマトリックスを形成しています。その結果、完全で多様なブランド・マトリックスが形成され、さまざまな事業分野や市場セグメントで異なるブランド戦略が可能となり、さまざまな消費者の嗜好やニーズに応えることができるようになりました。

ハイセンスは、世界的な名声を持つ世界トップクラスの企業になるべく、長年にわたり独立したハイエンドブランドのグローバル化戦略を効果的に実施し、急速な国際展開を進めています。 

34の工業団地、26の研究開発センター、64の海外事務所を網羅する強固なグローバルネットワークにより、ハイセンスは11万人の従業員を擁し、そのうち約2万4000人が海外スタッフです。この広範なネットワークが、最先端製品の開発、グローバルサプライチェーンによる最適化された製造、特定地域に合わせたマーケティング戦略の推進力となっています。ハイセンスは、技術革新が将来の成功の鍵であることを理解し、人々の生活を向上させるために、最先端で革新的な製品を開発するための研究開発投資を継続します。ユーザーのニーズを優先させるため、同社は2023年に「ユーザー中心、シナリオ駆動型戦略」を実施し、消費者のニーズをより深く理解することに努めました。この焦点は、「ユーザー中心の技術」と「究極の品質」を強調する最新の2024年のブランド・アップグレードにそのまま反映されています。

ハイセンスのこだわりは、優れた画質や性能だけにとどまりません。多様な消費者ニーズに応えることの重要性を認識し、効果的なサプライチェーンへの適応で現地の嗜好を優先し、「地元のための地元」のリーダーシップの下、強力なコミュニケーションの架け橋を築くことで、ハイセンスは革新的な科学技術を世界中の消費者のライフスタイルに組み込み、一流の国際ブランドへと変貌を遂げました。

ハイセンスについて

ハイセンスは世界有数の家電ブランドであり、UEFA EURO 2024™の公式パートナーでもあります。オムディアによると、ハイセンスは、2023年と2024年第1四半期の両方で、テレビ出荷台数で世界第2位、100インチテレビでは第1位にランクされています。同社は急速に拡大し、160ヶ国以上で事業を展開しており、マルチメディア製品、家電製品、知能化IT情報を専門としています。

ソース: Hisense