omniture

Comviva、ネットワークAPIで高度な収益化を実現するCNPaaSを発表

Comviva
2024-06-19 17:36 616
  • 先進的な5Gネットワーク機能、例えばオンデマンドのサービス品質を可能にする画期的なCNPaaSソリューションを発表。
  • 高度なネットワークAPI統合により、企業がオンデマンドかつ大規模にネットワークを制御、構成、およびクエリを実行できるようにする新しいソリューション。

ニューデリー, 2024年6月19日 /PRNewswire/ -- カスタマーエクスペリエンスとデータ収益化ソリューションのグローバルリーダーであるComvivaは本日、通信事業者向けCPaaSソリューションであるNGAGEの画期的な機能強化を発表しました。この戦略的機能強化により、NGAGEはCNPaaS(サービスとしての通信ネットワークプラットフォーム)ソリューションへと進化し、企業に対してオンデマンドのサービス品質(QoS)、正確なデバイス位置の特定、ネットワークスライシングなどの先進的な5Gネットワーク機能と、強力な4G機能を提供できるようになります。

NGAGE CNPaaSプラットフォームは、企業がネットワークをオンデマンドかつ大規模に制御、構成、およびクエリを実行できる高度な機能を提供することで、企業のネットワーク管理に革命をもたらすことが期待されています。このソリューションは、5Gおよび4Gネットワーク上でSIMスワップ、番号認証、オンデマンド品質、およびオンデマンド位置情報などの重要な機能のためのAPIを提供します。NGAGE CNPaaSは、20以上のCAMARA準拠のネットワークAPIを活用することで、GSMA Open Gatewayイニシアチブを通じて、開発者に対してオペレーターネットワークへの普遍的なアクセスを促進します。

Comvivaのメッセージングソリューション担当COOであるDeshbandhu Bansalは、以下のように述べています。NGAGEプラットフォームにネットワークAPIを導入できることを嬉しく思います。この業界初の戦略的ソリューションにより、企業と通信事業者は、先進的なAPI統合を通じてコミュニケーションおよびネットワークソリューションの全潜在能力を活用できるようになります。NGAGE CNPaaSにより、コミュニケーション分野において革新と成長の新しい時代を迎え、前例のない機会と進展を促進しています。」

ComvivaのNGAGEは、通信サービスプロバイダーが法人向けにリアルタイムのカスタマー対応を推進するためのフルスタックプラットフォームです。業種を問わず、対話型AI機能搭載のメッセージングサービスとチャットに対応しています。コグニティブオートメーションと自然言語処理(NLP)機能により、企業は人間に分かる言葉でユーザーとの対話を自動化することで、豊かなカスタマーエクスペリエンスの提供が可能になります。これは業界で最もスケーラブルなプラットフォームの一つであり、年間2,500億件以上のメッセージを40以上の導入先で処理し、通信事業者がグローバルに7,000以上の企業顧客基盤にCPaaSサービスを提供することを可能にしています。

詳細については、以下にお問い合わせください。

Sundeep Mehta
コーポレートコミュニケーション担当DGM
メール:Sundeep.mehta@comviva.com
お問い合わせ電話番号:+91-9910030732

ロゴ:https://mma.prnasia.com/media2/995982/Comviva_Logo.jpg?p=medium600

ソース: Comviva