omniture

より環境に優しい未来への道をリード:Shanghai Electric、カーボンニュートラル博覧会で先進の再生可能エネルギーソリューションを発表

Shanghai Electric
2024-06-10 15:26 573

上海、2024年6月10日 /PRNewswire/ -- Shanghai Electric(SEHK:2727, SSE:601727)は、6月5日から8日まで開催される第2回技術・製品・実績の上海国際中立博覧会に、新エネルギーソリューションの数々を出展します。

 
より環境に優しい未来への道をリード:Shanghai Electric、カーボンニュートラル博覧会で先進的な再生可能エネルギーソリューションを発表。

このイベントでハイライトされた新エネルギーシステム(風力、太陽光発電、エネルギー貯蔵、送電網をカバーし、世界のゼロカーボン移行を後押しするグリーン重視の技術を創造するというShanghai Electricの使命における重要なブレークスルーを示す)は、今後数十年で持続可能なカーボンニュートラル経済に転換するという中国の戦略に沿って設計されています。

また、Shanghai Electricの展示の主役は、システムの最適化、簡素化、インテリジェント制御の向上を目指して設計された同社の最新の統合機器システムです。Shanghai Electricは、その将来を見据えたイノベーションが砂漠、海洋、都市のエネルギー基盤にどのように適用されているかを展示し、世界の脱炭素化を加速させる変革的技術へのコミットメントを世界に示しています。

  • 風力エネルギーでは、Shanghai Electricの16メガワット低周波洋上風力タービンが世界最大の容量を誇り、数多くの利点を提供しています。これらには、送電能力の強化、柔軟なグリッド接続、より優れた柔軟な制御が含まれます。
  • コストを下げながら蓄電池の性能を高めることを目指し、Shanghai Electricは単一容量としては世界最大となる500kW/2MWhのバナジウム鉄液式フロー電池を開発しました。Shanghai Electric独自の電解液配合によりコストを40%削減し、電池構造と革新的なフッ素フリーのイオン交換膜により、電池のエネルギー密度、変換効率、寿命を大幅に向上させています。
  • Shanghai Electricのコスト低減型Zシリーズアルカリ電解槽は、軽量・コンパクトで負荷運転範囲が広く、1タンクでの水素製造量は1000~3000Nm3/h、電流密度は10000A/mと高いです。
  • グリッドシステムの革新を示すShanghai Electricの25Mvar高慣性フライホイール統合装置は、システムの短絡容量と応答速度を向上させます。フリーホイールの組み合わせの運動エネルギーは140MW.sで、慣性時定数は11.2sです。フライホイールとフェイズ・シフター・ローターの回転慣性を利用することで、フライホイールの組み合わせは蓄積された運動エネルギーを瞬時に放出し、システムの慣性と周波数安定性を高めます。

Shanghai Electricはブースで、Fクラスの大型水素混合タービン、圧縮空気エネルギー貯蔵システム、超高圧変圧器、「国河ワン」原子力発電技術も展示し、Shanghai Electricの海、砂漠、都市向けの先見的なゼロ・カーボン・ソリューションが中国のカーボンピークとカーボンニュートラル・イニシアチブをいかに後押しするかを示すインタラクティブなコーナーも設けています。

ソース: Shanghai Electric