omniture

トリナ・ソーラー、太陽エネルギーで世界の生物多様性を保護

Trina Solar Co., Ltd
2024-05-24 14:04 727

常州市(中国)、2024年5月24日 /PRNewswire/ -- 5月22日の国際生物多様性の日が近づく中、PV技術はその炭素排出削減と生態系の回復能力によって再び注目を集めています。スマートPVおよびエネルギー貯蔵ソリューションの世界的リーダーとして、トリナ・ソーラーはこれらの課題に取り組む最前線に立っています。

長年にわたり、トリナ・ソーラーは革新を積極的に推進し、ネットゼロの未来に向けた新たな電力システムの変革を促進してきました。さらに、トリナ・ソーラーは「PV+」モデルを推進し、農業や水産業などの産業において経済的利益と生物多様性の向上を図っています。

PV + 農業:持続可能な農業に力を与える

トリナ・ソーラーのVertexシリーズモジュールとTrinaTrackerのVanguard 2Pトラッカーを使用したニュージーランド最大の太陽光発電所であるコヒラソーラーファームプロジェクトは、人間の開発と自然生態系の成功裏の共存を示しています。

慎重に考案されたPVソリューションは、農地を保護しながら作物の栽培や放牧に影響を与えないようにするだけでなく、植生の成長を管理し、土壌に有機肥料を供給します。

洋上PV:海洋生物多様性の保護

洋上PVは、PV業界における有望な応用シナリオの一つです。トリナ・ソーラーのVertexモジュールは、昨年5月にテュフ・ラインランド(TÜV Rheinland)から世界初の洋上PV認証を取得しました。

中国広東省におけるPVプロジェクトは、海面上での発電と水中での養魚を組み合わせることで、地元の漁師に経済的成功への道を提供しています。

砂漠での太陽光発電プロジェクト:緑の回復

砂漠、ゴビ砂漠、および不毛地帯において、PVは風食や砂嵐の防止および植生の安定化において大きな利点があります。

100MWのウランブ砂漠管理・エネルギー貯蔵・PVプロジェクトは、すべてトリナ・ソーラーのVertexモジュールで構成されています。パネルの下にある保護された生息地では植物の生存率が大幅に向上し、生態系の回復に新たな機会が生まれています。

トリナ・ソーラーのDNAに刻まれた持続可能性

持続可能性は、トリナ・ソーラーが顧客に提供する重要な価値であるだけでなく、長年にわたり同社の組織的DNAに深く根付いています。

同社のいくつかの生産施設は「グリーンファクトリー」の称号を受けており、義烏の施設は独立機関によって「ゼロカーボンファクトリー」と認定されたPV業界初の施設です。

トリナ・ソーラーは、環境製品宣言(EPD)および製品のカーボンフットプリント(CFP)認証を取得した先進的な製品を通じて、持続可能性への取り組みをさらに示しています。

トリナ・ソーラーは、世界的な持続可能性イニシアチブの熱心な支持者として、今後も製品およびモデルの革新に向けた取り組みを一層強化していきます。

ソース: Trina Solar Co., Ltd
Related Stocks:
Shanghai:688599