omniture

Astronergyが2023年ESGリポートとハイライトを発表

Astronergy
2024-05-15 11:37 1217

【杭州(中国)2024年5月15日PR Newswire=共同通信JBN】Astronergyは4月30日、2023年環境・社会・ガバナンス(ESG)リポート(以下「ESGリポート」)を発表し、国連のSDGs(持続可能な開発目標)およびUNGC(国連グローバル・コンパクト)10原則の実践と国際財務報告サステナビリティー開示基準(IFRS S1、IFRS S2)への準拠に基づいて、全てのステークホルダーに対し、持続可能で安定した開発の推進に関する同社の活動と成果を報告しました。


GRIスタンダード2021年版(GRI Standards 2021)の要件に準拠し、国際的な認証試験機関TUV NORDによって独自に検証されたESGリポートは、Astronergyのサステナビリティー戦略達成への取り組みと、気候変動への対応、労働者・人権の保護、企業倫理、持続可能なサプライチェーンなどの主要な問題に関連するさまざまな貢献の重要な証しになりました。

環境分野のハイライト-炭素排出原単位が7.12%減少

2023年、Astronergyはカーボンニュートラルを2050年までにバリューチェーン全体で達成するためのサステナビリティー戦略を発表しました。

既存のEHS(環境・衛生・安全)管理メカニズムと内部環境管理システムに依拠し、Astronergyは昨年、標準炭2708.47トン、電力1576万8400キロワット、水6万9000立方メートルを節約しました。

2023年、Astronergyのエネルギー原単位と水消費原単位は、2022年と比較してそれぞれ34.18%、25.43%減少しました。非有害廃棄物のリサイクル率が前年比14.65%増加したことで、Astronergyは昨年、廃棄物埋め立てゼロも達成しました。

昨年、Astronergyは、4万2221.37トンの炭素排出を削減した同社初のゼロカーボン工場Yancheng Zero-Carbon Factoryの改修を完了しました。今後、Astronergyは2028年までに8つのゼロカーボン工場の認証を完了する予定です。

社会分野のハイライト-女性従業員の割合が32%に到達

2023年、Astronergyは従業員158人が教育を継続するのを支援しました。データによると、Astronergyの現職従業員は38カ国の出身、42カ国の国籍で構成され、従業員の20%以上は少数民族の出身です。

データによると、当社取締役の22.22%が女性、従業員の32%が女性、マネジャーの21%が女性、技術者の30%が女性です。

一方、2023年に約200万米ドルが社会福祉に投資されました。昨年、Astronergyは17件のエコ発電所プロジェクトの建設にも協力しました。

ガバナンス分野のハイライト-主要サプライヤーの80%以上のISO 14001認証取得を推進

2023年、製品の品質確保を前提として、Astronergyは技術の最適化を通じて生産のエネルギー消費量を削減し、製品の物的消費と生産のエネルギー消費を大幅に削減しました。

さらに、Astronergyは、環境に優しい新素材の開発・利用、製品の持続可能なアップグレード、主要15製品の製品ライフサイクル評価の実施において業界をリードしています。

環境に優しいサプライチェーンを構築するため、Astronergyは全てのサプライヤーの発展を推進する包括的なサプライヤー管理システムを策定しました。現在、全ての主要サプライヤーがISO 45001認証に合格し、主要サプライヤーの81.8%がISO 14001認証に合格しています。

クリーンエネルギー産業に関わる企業として、Astronergyは、太陽光発電で炭素排出量ネットゼロの世界を構築するというビジョンの実践に向けて進んでいます。

ソース:Astronergy

ソース: Astronergy