omniture

ファーウェイ、Net5.5G時代のオールインテリジェンスに向けたネットワーク変革を加速するAI技術を発表

Huawei
2024-04-18 14:58 527

【深セン(中国)2024年4月18日PR Newswire=共同通信JBN】Huawei Analyst Summit 2024で、ファーウェイ(Huawei、華為技術)のデータ通信製品ライン(Data Communication Product Line)のSteven Zhaoバイスプレジデントは「Accelerating Network Transformation Towards All Intelligence(オールインテリジェンスに向けたネットワーク変革の加速)」と題した講演を行いました。Zhao氏は、ファーウェイがAI技術を導入してケース、プロセス、システムの各レベルでネットワーク機能を高度化し、ネットワークインテリジェンスを加速する方法について説明しました。また、業界パートナーを含む参加者は、Net5.5G業界の現在の動向と将来の見通しについても検討しました。

Steven Zhao delivering a speech
Steven Zhao delivering a speech

Steven Zhao氏は次のように述べました。「AI技術が進歩するにつれ、私たちにはネットワークインテリジェンスの展開における転換点が見えてきました。ネットワークはAI技術と深く統合され、Net5.5Gネットワークをインテリジェント時代へと推進する必要があります。私たちは、Net5.5G時代のネットワーク革新には、ネットワークのためのAI、そしてAIのためのネットワークという2つの側面があると考えています。インテリジェントネットワークには、効率的でインテリジェントなネットワーク運用を支えるインテリジェント・ネットワークエレメント(NE)、デジタルツイン、生成AIが伴います。そして、AIを利用したネットワークソリューションはインテリジェントネットワークのニーズを正確に満たし、さらに重要なこととして、AIのトレーニングを強化し、インテリジェントコンピューティングの伝送能力を最大化します」

ファーウェイは、ネットワークインテリジェンス技術をデータ通信分野に応用したパイオニアです。具体的には、ファーウェイの画期的なNet Master(生成AIを搭載)とHDネットワークデジタルマップは、L4自律型ネットワークに向けたペースを加速します。Net5.5G High-Quality 10 Gbps CloudCampusはAI技術を活用し、無線、アプリケーション、運用・保守(O&M)体験を高度なものにします。また、Net5.5G Converged WANは、高スループット、高弾力性、高度に保証されたパフォーマンスを備え、コンピューティングパワー時代のインテリジェントな伝送容量を提供します。HiSec SASEはインテリジェントな防御を可能にし、セキュリティー運用の効率を100倍に高めます。

iFlytekのインフラストラクチャー・ネットワークディレクターであるEthan氏は、ファーウェイのNet5.5G Xingheデータセンターネットワークソリューションを使った革新的な実例を紹介しました。このソリューションにより、iFlytekは1万を超えるGPU/NPUのクラスターを利用できるようになり、AIモデルのトレーニング効率が17%向上し、AIトレーニングの中断が80%削減されました。

2024年はNet5.5G商用利用の最初の年です。今回のサミットで、World Broadband Association(WBBA)とそのメンバーは、高速でプレミアムなネットワークインフラの構築に向けたNet5.5G業界の取り組みを提案しました。中国情報通信研究院(CAICT)もNet5.5Gの次世代インターネットアーキテクチャーを深く掘り下げて研究し、ネットワーク技術に新たな革新の波を起こしました。

Steven Zhao氏は、すべての業界関係者が共同でNet5.5Gを受け入れ、インテリジェント技術を導入し、ネットワーク・デジタルツインを大規模に展開し、AI技術革新を促し、最終的にオールインテリジェンスに向けたネットワーク変革を加速するよう呼び掛けました。

 

ソース: Huawei