omniture

Net5.5Gアプリケーションの展開は著しい進歩を達成し、通信事業者の新たな成長を促す

Huawei
2024-04-12 15:43 602

【パリ2024年4月12日PR Newswire=共同通信JBN】「Bring Net5.5G into Reality, Inspire New Growth(Net5.5Gを実現して、新たな成長を促す)」をテーマとしたIP GALA Summitが、MPLS SD & AI Net World Congress 2024会期中に、ファーウェイ(Huawei、華為技術)により成功裏に開催されました。このサミットには通信事業者、標準化団体、業界団体からゲストが参加し、Net5.5Gアプリケーションの展開、シナリオイノベーション、ターゲットネットワークアーキテクチャーなどの主要なトピックについて話し合いました。vivo Brazil、Telecom Argentina、Algeria Telecomなどの大手通信会社は、Net5.5Gコンバージドトランスポートシナリオにおける400GE、SRv6、スライシング、ネットワークデジタルマップなどの主要テクノロジーのライブネットワークアプリケーションおよび革新的な実践方法を共有しました。これは、Net5.5コンバージドトランスポートがより速いペースで導入され、通信事業者のサービスの新たな成長をサポートしていることを示しています。

ファーウェイのデータ通信製品ライン・メトロルーター分野担当のZuo Mengプレジデントは、新しいウルトラブロードバンドアプリケーションが継続的に成長しており、通信事業者に新たな機会と課題をもたらしていると指摘しました。通信事業者は、ホームブロードバンド、モバイルブロードバンド、企業専用回線、企業キャンパスサービスの10Gbps接続へのアップグレードをサポートするNet5.5Gターゲットネットワークを構築する必要があります。Net5.5Gアプリケーションの展開を加速して通信事業者のビジネスの成功をサポートすることは、業界のコンセンサスとなっています。

Zuo Meng, President of Huawei's Data Communication Product Line Metro Router Domain, delivering the opening speech
Zuo Meng, President of Huawei's Data Communication Product Line Metro Router Domain, delivering the opening speech

イマーシブアプリケーション、業界のデジタル化とクラウド化、AIアプリケーションは、グローバルウルトラブロードバンド接続と帯域幅の継続的な成長を推進します。WBBAのNetwork Technology Working Group(ネットワーク技術ワーキンググループ)の共同議長であるTayeb Ben Meriem氏は、このような成長に対応するために、WBBAはメンバーとともに、Wi-Fi 7を備えた10 Gbpsキャンパス、400GEコンバージドIPトランスポート、ハイパーコンバージドデータセンターネットワークを含む2025-2030年に向けたNet5.5Gイニシアチブを提案しました。

大手通信事業者は、ライブネットワーク展開と主要なNet5.5Gコンバージドトランスポートテクノロジーの革新的な実践方法を共有しました。中南米の大手通信事業者であるvivoは、SRv6のマルチベンダー相互運用性を達成し、ブラジルのライブネットワークにSRv6を導入することに成功しました。vivoのIPネットワーク専門家であるNelson Jose dos Santos Junior氏は、SRv6、400GE、ネットワークスライシングなどのNet5.5Gの主要テクノロジーを段階的に展開することで、vivoは5Gサービスエクスペリエンスを向上させ、主導的地位を維持できる、と指摘しました。Telecom ArgentinaのトランスポートネットワークマネージャーであるOscar Paniagua氏は、5Gとホームブロードバンドサービストラフィックの増加をサポートするために、400GEがバックボーンネットワークに導入された、と述べました。IPトランスポートネットワークはNet5.5Gに向けて継続的に進化し、ネットワークの自動化、SLAの保証、リアルタイムの可視化、柔軟な帯域幅機能の向上を通じて最適な接続エクスペリエンスを提供します。Algeria TelecomのクラウドコアおよびIPバックボーン担当の最高技術責任者(CTO)であるMounira Aissa El Bey氏は、IPトランスポートネットワークは、ユビキタスアクセス、インテリジェント接続、ウルトラブロードバンドバックボーン、スライシング・アズ・ア・サービスを特徴とする次世代ネットワークへの進化を目指している、と述べました。ネットワークスライシングと自動化の革新的な実践を通じて、さまざまなシナリオに対してSLAの保証が提供され、高品質の顧客エクスペリエンスが保証されます。

Net5.5Gネットワークシナリオの進化として、イタリア学術会議のリサーチャーであるPietro Cassara氏は、SRv6やIFITに基づくネットワークスライシングなどの主要テクノロジーがAIベースのネットワークデジタルマップを完全に補完し、保証されたSLAを提供し、将来の非地上系ネットワークにおける動的トポロジーでのメッシュルーティングのような将来のネットワークシナリオを自動化することを強調しました。

欧州の権威ある第三者テスト機関であるEANTCのCTO、Carsten Rossenhovel氏は、2024年のマルチベンダー相互運用性テストの進捗状況と、ファーウェイの19.2Tボードの独自インビテーションテストレポートを紹介しました。これは、400GE、SRv6、スライシングなどNet5.5Gの主要機能が相互運用性の面でより成熟していることを示しています。

ファーウェイは、Net5.5Gコンバージドトランスポートと、専用線 + Xソリューションのターゲットネットワークアーキテクチャーを発表しました。このアーキテクチャーは、ウルトラブロードバンド、ネットワーク・アズ・ア・サービス(NaaS)、高度なインテリジェンス、総合的なセキュリティーを特徴としています。Net5.5Gシリーズのソリューションと製品は、通信事業者が総合的なサービスを開発し、新たな成長を達成するのに役立ちます。

ソース: Huawei