omniture

CNECの世界飛躍プログラムがバルセロナで初披露され、インテリジェンスを加速する7つの技術的飛躍を強調

HUAWEI CLOUD
2024-02-29 15:24 497

【バルセロナ(スペイン)2024年2月29日PR Newswire=共同通信JBN】Cloud Native Elite Club(CNEC)がMWC Barcelona 2024で「Leap with Cloud Native x AI(クラウドネイティブ x AIによる飛躍)」と題したセミナーを開催し、成功を収めました。50人以上の業界リーダーや専門家が集まり、2024年に向けたテクノロジーとイノベーションの最先端トレンドを探求し、クラウドネイティブとAIアプリケーションの貴重な洞察と実践を共有しました。

CNEC Global Leap Program Debuts in Barcelona, Highlighting Seven Tech Leaps to Accelerate Intelligence
CNEC Global Leap Program Debuts in Barcelona, Highlighting Seven Tech Leaps to Accelerate Intelligence

業界全体のインテリジェンスを加速する7つの技術的飛躍

Huawei CloudのBruno Zhang最高技術責任者(CTO)は、インテリジェント時代の産業変革の原動力として、クラウドネイティブとAI技術の重要な役割を強調しました。

Zhang氏は、業界全体のインテリジェントなアップグレードのための7つの重要な技術的飛躍を挙げました:

*アーキテクチャー:CPU中心のプライマリー/セカンダリーから異種ピア・ツー・ピアのアーキテクチャーへ。

*コンピュート:汎用からAIコンピュートへ

*ストレージ:データレイクからAIネイティブストレージへ

*データ-AIコンバージェンス:「Data+AI」から「Data4AI/AI4Data」へ

*アプリケーション開発:フル/ロー/ゼロ・コードからAI支援/セルフプログラミングへ

*メディア技術:撮影からコンピューティングへ、制作から生成へ

*セキュリティー:サイバー・情報セキュリティーからゼロトラストのアプローチへ

CNCF Ecosystemの責任者であるTaylor Dolezal氏は、AIインフラの基幹としてクラウドネイティブ技術を強調し、業界全体のAI採用を加速する可能性を明らかにしました。Dolezal氏は「CNCFは、OpenAIのような主要なAI企業によって利用されている数多くのプロジェクトを誇り、生成AIに不可欠な技術インフラを提供しています。さらに、K8sGPTのようなクラウドネイティブ・プロジェクトは、生成AIの高度な自然言語処理能力とKubernetesのパワーを活用して業界のイノベーションを推進する方法を例証しています」と述べました。

中国情報通信研究院(CAICT)のCloud Computing and Big Data Research Institute(クラウドコンピューティング・ビッグデータ研究所)のLi Wei副ディレクターは「クラウドコンピューティングはAIモデルの革新と発展を促進します。クラウドコンピューティングは、柔軟でスケーラブルかつ効率的なサポートをこれらのモデルに提供し、コストの削減と効率の向上を実現し、モデルの開発、展開、利用のためのユーザーフレンドリーなプラットフォームも提供します」と述べました。

Li氏は、クラウドコンピューティング環境における新しいパラダイムとして、Large Model Cloud Servicesの出現を強調しました。同氏は業界標準を確立することの重要性を強調し、「Large Model Cloud Serviceの標準フレームワークは、インフラ、モデル、サービス、アプリケーションの4つのレイヤーで構成されています。このフレームワークは、Large Model Cloud Serviceを適切に構造化された業界システムで標準化し、運用できるようにすることを目的としています」と述べました。

データ–AIイノベーションと新たなデータ価値のための強固なクラウド基盤の構築

このセミナーでは、Huawei Cloudの代表者やさまざまな業界リーダーがプレゼンテーションを行い、多岐にわたる部門の革新的な実践を紹介しました。彼らは、クラウド技術を活用してデータ–AIイノベーションを加速するための知見を共有しました。

TravelgateXのInaki Fuentes最高執行責任者(COO)は、Huawei Cloudを利用したクラウドネイティブな変革の成功事例を紹介しました。彼らはコンテナとマイクロサービスを採用することで、1日60億件以上のホテル検索を効率的に処理し、クラウドの経費を20%削減し、パフォーマンスを35%以上向上し、運用の複雑さを効率化するという大幅な改善を達成しました。

Huawei CloudのSRE専門家であるLi Guo氏は、Huawei Cloudの内部実務に基づく包括的なアプローチである決定論的運用ソリューションを紹介しました。このソリューションは、安定性と信頼性、効率的なリソース、堅牢なセキュリティー、アジャイルなサービスを重視しています。Huawei Cloudは、OES、BOS、AMS、IMSなどのさまざまなサービスを提供し、企業がO&M(運用管理)能力を強化し、より高い効率と品質を達成し、O&Mを主な推進力としてデジタルトランスフォーメーションを加速できるよう支援します。

Huawei Cloud GaussDB(for MySQL)のチーフアーキテクトであるChong Chen氏は、このサービスは3つのアベイラビリティゾーン(AZ)で高い信頼性と可用性を確保し、目標復旧時点(RPO)ゼロとデータ損失ゼロを可能にすると述べました。さらに、データベースシステム全体を容易にスケールアップ/スケールダウンでき、リードコピーの追加/削除も数分以内に行えるため、容量評価やリソースの調整なしにアプリケーション負荷の変化に対応できます。このようなアーキテクチャーは、AI時代のデータベースのニーズに適したものです。

CNEC世界飛躍プログラム:テクノロジーで産業を支援

クラウドネイティブは、世界のデジタル経済を促進する新たな原動力になりつつあります。ますます多くの企業が、クラウド上でサービスを構築し、成長させていくでしょう。このトレンドを認識し、Cloud Native Computing Foundation(CNCF)、CAICT、Huawei Cloudは共同で2020年にCNECを設立しました。CNECは、クラウドの移行、利用、管理において組織が直面する課題に対処することを目的としています。現在200人以上の中核メンバーを擁するCNECは、インターネット、金融、物流、自動車などさまざまな業界の800人以上の技術管理者をサポートする包括的な運用システムを構築しました。このコミュニティーは、欧州、アジア太平洋、中南米にも広がっています。

Huawei CloudのWilliam Dongマーケティング担当プレジデントは、AI時代にCNCFやCAICTのような業界団体と協力する同社の取り組みを強調しました。CNECのような技術コミュニティーを通じて、Huawei Cloudは最新のグローバル技術、ベストプラクティス、業界トレンドとビジネスを結びつけることを目指しています。このイニシアチブにより、世界中の企業はクラウドネイティブとAIの可能性を活用し、最終的にデータとAIの優れた能力に飛躍することが達成されます。

2024年を見据え、CNECはクラウドネイティブとAI技術の戦略的統合に重点を置き、AIの世界的な導入と発展を加速させる取り組みを行います。今回のイベント期間中、CNECは「Leap with Cloud Native x AI」をテーマとする世界飛躍プログラムを発表し、広範な技術交流、掘り下げた議論、試験的実践の紹介を進めます。

Plaque presented for the CNEC European Branch
Plaque presented for the CNEC European Branch

さらに、Huawei Cloudは、現地の組織により良いサービスを提供するため、CNEC欧州支所の設立に向けて盾の贈呈式を行いました。このイニシアチブは、欧州におけるクラウドネイティブ、AI、データベースソリューションなどの革新的技術の導入・進歩を促進するために顧客やパートナーと協力するという、Huawei Cloudのコミットメントを表しています。最終的に、この協力的な取り組みは、継続的な技術革新により、多様な業界全体が成長する可能性を引き出すことを目的としています。

ソース: HUAWEI CLOUD