omniture

ファーウェイ、F5.5Gの商用利用を開拓する3つの革新的なオールオプティカル製品を発売

Huawei
2024-02-27 15:39 366

【バルセロナ(スペイン)2024年2月27日PR Newswire=共同通信JBN】MWC24 Barcelonaのファーウェイ(Huawei、華為技術)製品およびソリューションの発表会で、ファーウェイ・オプティカルビジネス製品ラインのプレジデントであるBob Chen氏は、業界初のDC指向OTN製品OptiX OSN 9800 K36、業界初のインテリジェントOLT製品OptiXaccess MA5800Tに加え、ウルトラブロードバンドバックボーン、10Gアクセス、オールオプティカルスマートホームシナリオ向けの業界初のFTTR+X製品iFTTR OptiXstar F50を発表しました。この3つの革新的な製品は、オペレーターがF5.5Gのオールオプティカルターゲットネットワークを構築し、10Gウルトラブロードバンドの開発を加速することを支援して、F5.5Gの商用利用を拡大します。

Bob Chen, President of Huawei Optical Business Product Line, launches three innovative products
Bob Chen, President of Huawei Optical Business Product Line, launches three innovative products

2023年11月に、ETSIはF5G Advanced Generation Definition(F5G先進世代定義)を発表しました。ファーウェイは世界中の大手オペレーターと協力してF5.5Gのイノベーションおよび実践を進めており、Wi-Fi 7、50G PON、400G、800Gバックボーンネットワーク、OXCなどの主要なF5.5Gテクノロジーと製品はすでに広く使用されています。10G接続は、インテリジェントアプリケーションの普及の基礎となります。世界の多くの国・地域が10G開発計画を発表し、10Giga Cityの建設に着手しています。ファーウェイ・オプティカルビジネス製品ラインのプレジデントであるBob Chen氏は、F5.5Gのさらなる開発を促進するために、オペレーターは10Gウルトラブロードバンド開発の中で、「1+3+4」コア機能をサポートするF5.5Gオールオプティカルターゲットネットワークを構築する必要があると指摘しました。つまり、10Gbpsウルトラブロードバンドという1つのネットワーク目標を中心に据え、10Gbpsユビキタスアクセス、1msの待ち時間を短縮するメトロネットワーク、99.9999%の可用性を達成するバックボーンネットワークという3つのネットワーク機能、さらに、バックボーンネットワークはデータセンターを接続するために400G、800GのOTNを展開し、メトロネットワークはCOに100Gを必要とし、アクセスネットワークは家庭や企業に50GのPONを使用し、室内に10Gbpsを接続するという4つのネットワークアーキテクチャーの構築を実現することです。

「1+3+4」アーキテクチャーによるF5.5Gオールオプティカルターゲットネットワークの構築をサポートするために、ファーウェイは3つの革新的なオールオプティカル製品を発売しました。

ウルトラブロードバンドバックボーン:ファーウェイは、業界初のDC指向のOTN製品であるOptiX OSN 9800 K36を発売しました。これには3つのイノベーションがあります。まず、単一波長1.6Tbpsを提供しますが、これは次に高いレートである1.2Tbpsより33%高速です。また、ビットあたりのコストも30%削減されます。第2に、革新的なデュアル3D直交アーキテクチャーを備えており、サポートされるスロットの数が2倍になり、100Tを超えるシングルサブラックスイッチング容量を実現して、トラフィックの急増に容易に対応可能です。第3に、内蔵のインテリジェントユニットにより、msレベルの検出とリアルタイムのインテリジェントな障害解析が可能になり、ネットワークの可用性が向上します。

10Gアクセス:業界初のインテリジェントOLT製品であるMA5800Tは3つのアップグレードをもたらします。まず、デバイスの単一スロットの容量は業界平均の2倍を超える2Tに達し、200G PONへと進化できます。さらに、既存のGPONおよび10G PONと互換性があります。第2に、この製品は革新的なアーキテクチャーを通じてサービスの物理的分離を実装し、プレミアムサービスのE2E決定論的なレイテンシーとジッターを保証します。第3に、内蔵のインテリジェントコンピューティングユニットによって、あらゆる面でユーザーエクスペリエンスを向上させます。

*オールオプティカルスマートホーム:業界初のFTTR+X製品であるiFTTR F50は、ネットワーク接続以外にも多くの機能をサポートします。これには3つのイノベーションがあります。まず、C-WANアーキテクチャーとWi-Fi 7を組み合わせたiFTTR F50は、アクセスレートを3000 Mbpsに向上させます。第2に、正確なクロック同期に基づいて、ローミングハンドオーバー時間を10msに短縮し、パケットロスを排除します。第3に、内蔵ストレージおよびコンピューティング ユニットにより、最大8TBのストレージスペースとインテリジェントなアルバム検索機能がユーザーに提供されます。

ファーウェイ・オプティカルビジネス製品ラインのプレジデントであるBob Chen氏は「2024年はF5.5G商用化元年となり、固定ネットワークは新たな飛躍を遂げることになります。10Gウルトラブロードバンドが発展する中、ファーウェイは3つの革新的なオールオプティカル製品をリリースしました。それはDC指向のOTN製品OSN 9800 K36、インテリジェント10G OLT製品MA5800T、FTTR+X製品iFTTR OptiXstar F50であり、オペレーターが『1+3+4』コア機能を備えたF5.5Gオールブロードバンドを構築し、サービスの境界を継続的に拡大し、インテリジェントな世界を前進させることを支援します」と語りました。

ソース: Huawei