omniture

ファーウェイはF5.5Gオールオプティカル・ターゲットネットワークについて、ギガビットの普及を加速し、10Gbpsの商用利用を促進するものと定義

Huawei
2024-02-27 15:08 359

【バルセロナ(スペイン)2024年2月27日PR Newswire=共同通信JBN】MWC 2024の期間中、欧州の有名な調査分析機関のIDATEによる「Green All-Optical Network Forum(グリーン・オールオプティカルネットワーク・フォーラム」が開催され、成功を収めました。参加者は、ギガビットブロードバンド市場発展のチャンスをとらえ、10Gbpsネットワーク時代を切り開くことを提唱しました。ファーウェイ(Huawei、華為技術)の光ビジネス製品ラインのKim Jinバイスプレジデントは、F5.5Gオールオプティカル・ターゲットネットワークはギガビットの普及を加速し、将来のネットワークの10Gbpsへの進化をサポートし、F5.5G商用利用の新時代を切り開くものと解釈しています。

Kim Jin, Vice President of Huawei Optical Business Product Line, delivers the speech
Kim Jin, Vice President of Huawei Optical Business Product Line, delivers the speech

光ブロードバンドは、ビデオ主導の100Mbpsからエクスペリエンス主導の1Gbpsに移行しており、インテリジェンス主導の10Gbps接続を可能にしています。このトレンドの下で、ファーウェイはF5.5Gオールオプティカル・ターゲットネットワークを提案し、3つのネットワーク機能と4つのネットワークアーキテクチャーをサポートするF5.5Gオールオプティカル・ターゲットネットワークを構築する必要があるとしています。すなわち、3つのネットワーク機能とは10Gbpsユビキタスアクセス、1msまで遅延を短縮するメトロネットワーク、99.9999%の可用性を達成する基幹ネットワークです。また、4つのネットワークアーキテクチャーの構築とは、基幹ネットワークは400G、800GのOTNを展開してデータセンターと接続し、メトロネットワークはCOに100Gを必要とし、アクセスネットワークは50G PONを使用して家庭や企業に接続し、10Gbpsを室内に接続します。

家庭用ネットワーク:FTTRのユーザー数が1400万人に達しました。FTTRは、事業者がFTTHの中で「1ファイバー+1端末」を販売するのではなく、FTTRで「1ネットワーク」を販売するのに役立ちます。FTTRは、接続機能からスマートホームアプリケーション(FTTR+X)、つまりFTTRネットワークと各種スマートホームアプリケーションの融合へと拡大しています。事業者はさらに、「1ネットワーク」に加えて複数のアプリケーションを販売することができます。ファーウェイは業界初のFTTR+X製品であるiFTTR F50を発表し、その速度を2000Mbpsから3000Mbpsに高めました。さらに、内蔵ストレージとコンピューティングユニットを導入し、ユーザーに最大8TBのストレージとインテリジェントなアルバム検索機能を提供することで、通信事業者が家庭向けブロードバンドサービスの境界を広げるのを支援しています。

 オプティカルアクセス・ネットワーク:世界には2億人近いギガビットユーザーがいます。50社以上の通信事業者が10Gbpsの商用パッケージをリリースしています。ギガビットサービスの急速な発展は、オプティカルアクセス・ネットワークのGPONから10G PON、さらには50G PONへのアップグレードを促進しています。ファーウェイのFlexPON+ソリューションは、最適なコストでGPONから10G PONにスムーズに移行できるようにすることで通信事業者を支援し、ギガビットユーザーの増加を促進します。さらに、アップストリームとダウンストリームの対称伝送を備えた7-modes-in-1の50G PONは、既存のODNの100%再利用をサポートし、通信事業者の投資を保護します。業界初のインテリジェントOLTであるMA5800Tは、1スロットあたり2Tbpsとインテリジェントエンジンをサポートし、ユビキタス10Gbpsアクセスをサポートします。

 メトロネットワーク:企業向けアプリケーションの85%が2025年までにクラウドに移行すると推定されています。メトロネットワークの1msの超低遅延と柔軟なサービス拡張性は、究極のユーザー体験とクラウドへの迅速な接続を確実にする上で極めて重要です。ファーウェイのAlps-WDMソリューションは、メトロネットワークのエッジに100Gと200GのOTNを展開します。E2Eオールオプティカル・スイッチングにより、ワンホップのサービス伝送とミリ秒以内のクラウドアクセスが可能になり、通信事業者は簡素化された究極体験のメトロネットワークを構築できます。

 基幹ネットワーク:データセンター間のトラフィックは毎年50%以上増加しています。企業の生産システムのクラウド化には、より高いネットワーク可用性が求められます。ファーウェイの最先端かつ高性能の400Gおよび800G OTN、光・電気ハイブリッドASON、業界初のデータセンター向けOTN製品であるOSN 9800 K36は、1スロットあたり1.6T、1ファイバーで100Tの容量を提供し、ネットワークの可用性を99.999%から99.9999%に高めます。

Kim Jin氏は「ファーウェイは、F5.5Gオールオプティカル・ターゲットネットワークをベースに置いたイノベーションを継続し、通信事業者がギガビット市場の開発機会をつかみ、F5.5Gの商用利用を加速し、市場の繁栄の新たな波を取り込むことを支援します」と述べました。

ソース:Huawei

ソース: Huawei