omniture

ハイセンスがレーザーTVのイノベーションで環境に優しい世界を先導

Hisense
2023-10-30 12:06 627

【青島(中国)2023年10月30日PR Newswire=共同通信JBN】テクノロジーとライフスタイルが密接に結び付いている世界では、テレビ技術の新たなトレンドが私たちのエンターテインメント体験を形成しつつあります。この変革の最前線にいるのがハイセンス(Hisense)です。ハイセンスはレーザーTV(テレビ)技術の開発で傑出した企業であり、持続可能性を損なうことなく、より高い品質、視聴者の快適さ、没入感のある映画のような体験を提供しています。


ハイセンスレーザーTVの進化

ハイセンスは創業以来、イノベーションに全力で取り組んできました。2014年には世界初の100インチレーザーTVを発表し、エンターテインメント業界における重要な節目になりました。最近発表された8Kレーザーテレビは、限界を押し広げるというハイセンスの決意をさらに表しており、優れた視聴体験への世界的なニーズに巧みに応えています。

世界市場での確固たる地位

市場調査機関Omdiaの2022年リポートによると、ハイセンスは世界での台数と売上シェアの市場リーダーであり、世界中の消費者から共感されていることをはっきりと示しています。例えば、L9HレーザーTVにはDolby VisionとDolby Atmosが組み込まれており、BT.2020の色彩仕様を満たし、それを超えて、視聴者に豊かで没入感のあるオーディオビジュアル体験を提供します。


目の快適さと視聴体験の向上

ハイセンスのレーザーTV技術は、視聴者の快適さを中心に置いて設計されています。L9レーザーTVは、目が疲れる可能性を軽減するように設計されています。この機能強化によって視聴体験が向上し、技術の進歩とともに視聴者の快適さと健康を重視する、ハイセンスのイノベーションへの全体的なアプローチを証明しています。

持続可能性に向けたハイセンスの取り組み

環境への配慮は、ハイセンスのイノベーションの道筋に不可欠です。リサイクル率92%のL9 Laser TVは、環境に優しい世界を目指す世界的な持続可能性目標とハイセンスが一致していることを実証しています。エネルギー効率にも重点を置いており、レーザーTVは同等のLCDテレビに比べて消費電力が低く抑えられています。

業界の認識と今後の展望

テレビをめぐる状況が進化するにつれて先進的で持続可能な技術の統合が進むと予想されており、ハイセンスはこの継続的なイノベーションに大きく貢献することが期待されています。

ハイセンスのような企業が推進するレーザーTV技術の進歩は画質の向上や没入的体験だけでなく、よりエネルギー効率の高い持続可能なソリューションへの移行の兆しでもあります。

イノベーション、品質、持続可能性の融合は、テレビ技術の新時代を象徴しています。この進化の道はまだ始まったばかりですが、ひとつだけ確かなことがあります。それは、ハイセンスは卓越性、イノベーション、持続可能性に取り組むことで、世界のホームエンターテイメントの未来を形作る、中心的な役割を果たし続けるということです。

 

ソース: Hisense