omniture
海外向け配信. PR Newswire -世界最大のプレスリリース配信、メディアモニタリングサービスプロバイダ

PRニュースワイヤーは信頼される理由

2015-11-13 17:14

最大級のグローバル配信ネットワークを通してプレスリリースを配信するのが当然非常に大事なことですが、PRニュースワイヤーは提供するのは、それだけではありません。お客様により良いサービスを提供できるよういつも心がけております。

お客様の利用体験を重視

PRニュースワイヤーは普段よりお客様の利用体験を重視しており、よりスムーズ、より速く、よく効率的にプロセスするように努めております。また、どうやってあなたの情報やメッセージをできるだけ多くの人にリーチできることを常に工夫しています。そして、すべての変更や進捗状況を必ず同時にお客様にお知らせいたます。

入稿から配信までの全過程フォロー

安心コール

入稿後の15分程度に電話もしくはメールで「きちんと受け取りました、これからプロセスに入ります」という安心コールをいたします。

審査確認

入稿担当者はあなたの会社に承認されているか確認を行います。

お問い合せ対応

PRニュースワイヤーではカスタマーサービスチームが設置され、プレスリリースの提出や配信流れなどすべてのご質問にご説明いたします。

効果向上コンサルティング

タイトルや検索エンジンの最適化、ソーシャルメディアの活用などに工夫し、配信効果をアップさせる提案をいたします。

チームワーク

エラー回避やターンアラウンドタイムを省くためには、

- 最初の一人は入稿の確認

- 次の人はプレスリリースの配信作業

- もう一人は配信直前に最終版の原稿をチェック

タグ付けと業界コード追加

プレスリリースを総合メディアから関係業界のメディアにいたるまで、最大限の読者にリーチするために、内容に合わせてタグやコード付けで精確にターゲット分野のメディアにリーチするよう作業します。

最終原稿の確認

正式に配信する前に、最終原稿の入稿担当者にメールで送付し、確認済みの許可を得てから配信します。

お客様の目標を達成するのは我々の目標

すべてのプレスリリースはすぐに配信するではなく、具体的な内容やブランドのガイドラインに合わせて配信時間など特別な事項がある場合もよくあります。PRニュースワイヤーのカスタマーサービスチームは24時間・365日体制で、いつもあなたのニーズに対応できるよう安心サーポートをしております。

ちゃんとしたセキュリティー管理

PRニュースワイヤーはセキュリティーポリシーに従い、きちんとプレスリリースの内容を管理しています。どんな内容は配信できるのか、どんな内容はダメなのか、ちゃんとした基準があります。そうすると、クライアント様側にも、PRニュースワイヤーに対しても、プロテクトになります。

安心サポート

- クライアント側に指定・承認された入稿担当者からのプレスリリースしか配信しません。

- きちんとAuthorized Sender Policyに従います。

- 安心の24時間・365日体制です。

ダブルチェック

配信される前に、経験豊富な編集チームはネイティブチェックを行います。

多発エラーを回避するためのチェックリスト

- ハイパーリンクは有効になっているのか。

- 日時はあっているのか。(時差のためよく間違える)

- 入力ミスや名前のスペリングは大丈夫か。

- 文法チェック

- ニュアンスや言い回し-場合によって、電話で直接にクライアント様と確認するのもある。

- テクストとテーブル-テクストの中に書かれるデータはテーブルのと一致しているかを照らし合わせる。

こうやって、あなたのプレスリリースをきちんとターゲットマーケットに届くように安心サポートを提供しております。

PRニュースワイヤーとは

PRニュースワイヤーは1954年に設立され、世界最大級の広報通信社。世界で4万社以上の企業・団体・政府機関が利用しており、Fortune誌が選ぶ米国優良企業の約75%が会員になっています。

Source: PR Newswire
comments powered by Disqus
検索
  1. 商品・サービス
  2. プレスリリース
  3. モニタリングSMM
  4. メディアサービス
  5. PRコミュニティ
  6. イベント・トレードショー
×