海外向け配信. PR Newswire -世界最大のプレスリリース配信、メディアモニタリングサービスプロバイダ

ペラホテルグループがチャオプラヤ川沿いに超高級ランドマークのカペラ・バンコク開業へ

2017-12-05 17:30

*2018年第4四半期にオープン

【シンガポール2017年12月5日PR Newswire】

カペラホテルグループ(Capella Hotel Group)は大手不動産開発企業Country Group Development PCLとともに、2018年第4四半期にカペラ・バンコク(Capella Bangkok)を開業すると発表した。再開発されたチャオプラヤ川のウォーターフロント・プロムナード沿いにあるカペラ・バンコクは、タイで崇拝されている川を一望できる全101室がスイートとビラの都市型リゾートである。

Capella Bangkok - View Of Facade By The Chao Phraya River
Capella Bangkok - View Of Facade By The Chao Phraya River
Capella Bangkok -- Mauro Colagreco © Matteo Carasale (photo credit to Matteo Carasale)
Capella Bangkok -- Mauro Colagreco © Matteo Carasale (photo credit to Matteo Carasale)

「王の川」とも呼ばれるチャオプラヤ川東岸のカペラ・バンコクは、著名な新開発地区Chao Phraya Estateの中にある。スイートとビラ101室は全て遮るもののない川の眺めを備え、カペラホテルズ&リゾーツ(Capella Hotels and Resorts)の格別の品質に補完されている。カペラホテルズ&リゾーツはこのほど、米誌Travel + Leisureの読者から2017 World's Best Awardsのホテルブランドとして世界5位に選定された。

カペラ・バンコクのもう1つの際立つ特徴は、有名な料理界のアイコン、マウロ・コラグレコ氏とのパートナーシップである。ミシュランの2つ星を持つ世界唯一のアルゼンチン人シェフであるコラグレコ氏はシグネチャーレストランを概念化し、タイ文化とそれが彼の料理に与える影響の個人的解釈を表現する。

そのシグネチャースタイルをカペラ・バンコクでデビューさせることにした理由について、コラグレコ氏は「私にとってカペラはぜいたくやエレガンスの同義語であるばかりか、それぞれのゲストに心配りするユニークなコンセプトでもある。それはまさしく、クライアントに独特の体験を与えるという料理の概念化に私が求めるものである。私は毎年、数回のバンコクを含めてアジアを訪問している。バンコクは現代と遺産の魅力的なブレンド、並外れたユニークな文化、世界最高級の地元料理を私が愛する都市である」と説明した。

カペラホテルグループ最高経営責任者(CEO)のニコラス・M・クレイトン氏は「カペラ・バンコクは、アジアの主要目的地で成長するわれわれのアイコニックなホテルポートフォリオに新局面を加える。伝説的なチャオプラヤ川沿いの卓越した立地によって、あらゆる接点で本物の体験を求める目利き旅行客の自然の選択肢になる。この地元文化に対するコミットメントは、シンガポール、上海、デュッセルドルフ、セントルシアなどカペラホテル全体、さらにウブド、モルディブ、シドニーの開発中の施設で歴然としている」と語った。

Country Group DevelopmentのCEO、ベン・タエチャウボル氏は「われわれがカペラホテルグループを精選したのは、前例のない高級宿泊施設と親密なホスピタリティー体験を提供するという当社ビジョンの実現に役立てるためである。Country Group Developmentは、カペラホテルグループとの提携が旅慣れた世界のトラベラー向けの高級体験に新たな一面を加えると確信している。カペラホテルグループは類のない立地における特別体験提供で高く評価されており、カペラ・バンコクはタイで特注サービスを最も確実に紹介するものになるだろう」と語った。

カペラ・バンコクの呼び物としてはほかに、カペラ・ライブラリー(The Capella Library)、革新的なカクテルを供するデカダン・デザートバー、終日オープンするリバーサイドのダイニングルーム、アウリガ・スパ(Auriga Spa)ウェルネス施設、さらに、チャオプラヤ川を見渡せるエレガントな大宴会場もある。

チャオプラヤ川沿いの新しいランドマークとして、カペラ・バンコクは世界一流の不動産開発専門企業と協力している。基本計画はHamiltons International Pte Ltdが請け負い、インテリアは大手デザイン企業BAMO、PIA Interior(スパ)、およびHirsch Bedner Associatesが担当した。

カペラ・バンコクの詳しい情報はwww.capellabangkok.com を参照。

▽カペラホテルグループについ

カペラホテルグループ(Capella Hotel Group)はシンガポールに本社、中国、欧州、米国にオフィスを展開し、2つの特徴あるブランドで世界にホスピタリティー・マネジメントサービスを提供している。カペラホテルズ&リゾーツ(Capella Hotels and Resorts)は、世界のトップトラベラーのために設計された超高級ホテル、リゾート、住居コンセプトで、デュッセルドルフ、セントルシア、上海、シンガポールできめ細かいサービスを提供し、ウブド、バンコク、モルディブ、シドニーにホテルを計画している。

ソリスホテルズ&リゾーツ(Solis Hotels and Resorts)は、国際基準の快適さ、素晴らしい料理、世界クラスのスパなどを備えた施設を求める旅行客や会議企画者のために設計されたリゾート、ホテル、住居の高級コレクションで、アイルランドのドニゴール、中国の南京、米国のアトランタにあり、バリ、広州にホテルを計画中である。

詳細はwww.capellahotelgroup.com を参照。

Country Group Developmentについ

Country Group Development(CGD)はタイに本社を置くCountry Groupの国際不動産開発・投資部門である。CGDはフォーシーズンズ・プライベートレジデンス・バンコク、フォーシーズンズホテル・バンコク、カペラ・バンコクなど大胆で複雑な資産変換を提供してきた実績があり、多様化された不動産戦略からCountry Groupの傘下各社ネットワークを活用する能力まで、市場競争力がある比類ない企業である。詳しい情報はwww.cgd.co.th を参照。

▽報道関係問い合わせ先

JoleenaSeah
Director, Marketing & Communications
Capella Hotel Group
Telephone:  +65-6887-9835
Email:  joleena.seah@capellahotelgroup.com

Logo - https://photos.prnasia.com/prnh/20171124/2000230-1LOGO

ソース:Capella Hotel Group Asia

(日本語リリース:クライアント提供)

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20171124/2000230-1-a
Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20171124/2000230-1-b
Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20171124/2000230-1LOGO

マルチメディア のプレスリリース

検索
  1. 商品・サービス
  2. プレスリリース
  3. モニタリングSMM
  4. メディアサービス
  5. PRコミュニティ
  6. イベント・トレードショー
×