海外向け配信. PR Newswire -世界最大のプレスリリース配信、メディアモニタリングサービスプロバイダ

ブロックチェーンで6.5兆の戦略的な協調 - 日本のScry.info

2017-10-10 15:34

【東京2017年10月10日PR Newswire=共同通信JBN】北京時間の2017年10月7日、SCRY.INFOの日本コミュニティーが始まった。SCRY.INFO日本コミュニティーの発足式典は日本のブロックチェーン専門家とコミュニティーのメンバーから温かい歓迎を受けた。

この式典は世界的な格付け企業のS&Pグローバル、InfoDelivery、プルデンシャル・ファイナンシャル、富士通、FITECH LABS、Nissin Corporation、CCB、東京大学、アジア工科大学院を含む非常に多くの一流企業と大学を引き付けた。このイベント中、ブロックチェーンへの意欲を持つ日本人の参加者はSCRY.INFOが紹介した技術の詳細と応用事例に高い関心を示し、会場のSCRY.INFOチームと踏み込んだ討論を交わした。

Scry.info提供の写真
Scry.info提供の写真

SCRY.INFOはスマートコントラクトでデータトランザクション、ストレージ、認証、共有、分析、リアルデータのトランザクションを行う世界初のブロックチェーン定量プラットフォームである。ブロックチェーンは技術の単一目的のための技術ではない。記号化と情報アプリケーションの時代においては、SCRY.INFOの目的はビッグデータとブロックチェーン技術の組み合わせを基に価値を創出し、より多くのビジネスパートナーのための競争力を得ることである。

会場ではSCRY.INFOの共同創立者であるレイとコミュニティーの中核的デベロッパーのクリハラ両氏がそれぞれSCRY.INFOの研究開発の進展状況と体系的なスマートコントラクトを事業に応用する実際的な計画を共有した。両氏は踏み込んだ討論を開始してSCRY.INFOのブロックチェーン・プロトコルにAIロボットシステムを移植することに関するモデルテストを実施した。両氏は共に、人工知能と統合したブロックチェーン商用協調システムを12月にリリースするだろうと予想した。東京大学からはアルゴリズム・エンジニアのワン・ジーペン博士、そして新世代の技術エンジニアを代表してSujitechの創立者も参加した。Sujiは技術知識の共有化を促進している。

SCRY.INFO共同創立者のレイとTLZS Corporation社長のSxrsingの両氏は会場で契約に調印した。これによりTLZS Corporationがリードする日本のSCRY.INFOコミュニティーが正式に設立された。Sxrsing社長はブロックチェーンが最先端の技術であると表明した。コンピューティングの飛躍は、すべての産業の利益となるようにコンピューターを作動させる方法の下でコンピューターが作動、構築するよう、それが命じられる方法に基づいている。ブロックチェーンはデータアプリケーションにおけるニーズに応え、それは予見できる具体的な経済的利益をもたらす技術である。それはたとえば効率性の改善、商業の運用コスト削減、知的で信用できる社会を構築することへの支援といったことである。

Scry.info提供の写真
Scry.info提供の写真

現在、日本は世界的にブロックチェーン技術とその金融アプリケーションの道を開いている。これは日本政府や関係機関からの理解と多大な支援によるものである。ブロックチェーン技術は今後の何年かで、間違いなく非常に大きく開発されるだろう。われわれは、日本でますます多くの企業や機関がブロックチェーンのアプリケーションシステムにつながると信じている。SCRY.INFOも、その強みをさらに日本コミュニティーに付加し、日本におけるブロックチェーン・アプリケーションの発展を共に促進するだろう。レイ氏は、日本の新旧の友人、この業界の内外、すべての企業、組織、個人でブロークチェーンのスマートコントラクトに関心があってSCRY.INFOコミュニティーに参加するものを歓迎すると述べた。われわれは共にSCRY.INFOのエコロジカル・コミュニティーを構築し、将来の深い商業的な協力を推進し、産業ブロックチェーン技術のアプリケーションの開発に貢献することができる。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20171009/1961280-1-a
Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20171009/1961280-1-b

ソース:Scry.info

マルチメディア のプレスリリース

検索
  1. 商品・サービス
  2. プレスリリース
  3. モニタリングSMM
  4. メディアサービス
  5. PRコミュニティ
  6. イベント・トレードショー
×