海外向け配信. PR Newswire -世界最大のプレスリリース配信、メディアモニタリングサービスプロバイダ

銀聯国際(UnionPay International)が中国人海外留学生に関するリポートを発表

2017-07-21 18:19
Share with Twitter

【上海2017年7月21日PR Newswire=共同通信JBN】

- UnionPay(銀聯)が海外留学生にとってより安心で便利な支払いサービスを提供

銀聯国際(UnionPay International)が20日発表した2017年の中国人海外留学生の出費に関する報告によると、海外に留学する中国人学生は毎年、3800億元を支出し、その80%は授業料と日常の出費だった。中国における海外留学市場は安定して成長し、今日では学生はより低年齢化し、留学先の選択肢もより多様化している。

報告が指摘するように、海外留学に関連する分野でのUnionPay(銀聯)カードの取引規模は増大し続けている。現在中国本土外の2000以上の教育機関が、UnionPay(銀聯)カードによる授業料の支払いを受け入れ、海外で学ぶ学生にとってUnionPay(銀聯)のサービスシステムは向上し続けている。

海外留学の支払いの苦労を解決する

米国、英国、オーストラリアとカナダは依然、海外留学生にとって最も人気のある国で、これらの国々で学ぶ中国人留学生はより低年齢化が進んでいる。日本、フランス、ニュージーランド、シンガポールとドイツもまた留学先のトップ10に含まれる。

留学生と親は以下の方法で、UnionPay(銀聯)カードで授業料を支払うことができる。まず、peerTransfer、ウエスタンユニオンの窓口および台湾の銀行(台湾の大学とカレッジの約90%をカバーする)の6つの授業料支払いプラットフォームを通じて。2番目にTMSとTouchNetなどの下にある700以上の教育機関を含む、学校の公式サイトを通じて。学生は、キャンパスのPOS端末でもUnionPay(銀聯)カードにより授業料を支払うことができる。

海外留学のための支払いサービスシステムを強化

現在、中国本土外の2000万人以上の商店と140万のATMがUnionPay(銀聯)カードを受け入れている。これに基づき、留学生のためのUnionPay(銀聯)の支払いサービスシステムはオンライン/オフラインでの授業料支払い、日常の現金引き出しと支出、旅行支出とローカル・カードの申請などを扱っている。さまざまなUnionPay(銀聯)カード製品が、主要な海外留学先を含む40以上の国・地域で発行されている。

銀聯国際(UnionPay International)は、名門校の周辺に学校内外でキャンパスカード利用のエコシステムを設けた。学生らはUnionPay(銀聯)カードを使いキャンパスの商店だけで支払い、ATMから現金を引き出すことができるのだが、UnionPay(銀聯)カードで書店、レストラン、スーパーマーケット、薬局、映画館などでも簡単に支払うことができる。例えば、中国人留学生が最も多数いる米国の20以上のカレッジや大学では、UnionPay(銀聯)のクレジットカードがキャンパスの書店で利用できる。

マルチメディア のプレスリリース

検索
  1. 商品・サービス
  2. プレスリリース
  3. モニタリングSMM
  4. メディアサービス
  5. PRコミュニティ
  6. イベント・トレードショー
×