海外向け配信. PR Newswire -世界最大のプレスリリース配信、メディアモニタリングサービスプロバイダ

中国独自のデジタル通貨ACCが日本デビュー、ACCのビジネスモデルに高評価

2017-07-14 12:14
Share with Twitter

【東京2017年7月14日PR Newswire=共同通信JBN】中国のブロックチェーンチームが発行する国際的なデジタル通貨であるACC(www.acchain.org )が11日、日本の取引所での取引を開始した。中国独自のデジタル通貨に最初のトランザクション・プラットフォームが与えられ、日本のデジタル通貨に関する幅広い議論を呼んでいる。

現在、さまざまな国がデジタル通貨台頭の傾向に多大な関心を寄せている。決済手段としてデジタル通貨を容認しながら消費税の対象としない日本がACCの発展に重要な利点を提供することは間違いない。このためACCは、国際的なトランザクション・プラットフォームの最初の拠点として日本を選んだ。ACCの運営チームは、ACCの価値は国際的な戦略取り決めにあり、最終的な傾向はまさしく完璧なエコシステムで、したがってACCの国際的なトランザクション・プラットフォームとして日本は単なる投資家間の商業トランザクション以上の意味を持ち、これがACCの価値の体現ではないとしている。

構築以来、ACChainは国内外から幅広く承認されてきた。まもなく、カナダやその他の国々でも導入される見込みである。継続的に形成されたACCのエコシステムとともに、RET、NPC、Kカレンシーなど複数の中国のノードトークンマネーが順調に流通し資産デジタル化システムの基盤となっている。

確かに、日本の金融分野からは、デジタル通貨分野の発展においてACCのビジネスモデルは重要な意味を持ち発展の可能性があるとの指摘も出ているが、そのエコロジカルな構築のスピードもACChainのチームに厳しい課題となる重要な指標である。ACCの国際的なエコロジカルレイアウトの急速・効率的・高品質な進化について、ACCは未来のデジタル通貨時代をリードするだろう。

取引所ウェブサイト:https://neraex.com/

ソース:ACChain

マルチメディア のプレスリリース

検索
  1. 商品・サービス
  2. プレスリリース
  3. モニタリングSMM
  4. メディアサービス
  5. PRコミュニティ
  6. イベント・トレードショー
×